レース

  • Twitter
  • Facebook
2020-03-23
鈴鹿クラブマン2020開幕! 波乱のスーパーFJは岡本大地選手がポール・トゥ・ウィン

 

今シーズンもシリーズ6戦+スペシャルステージで争われる予定の鈴鹿クラブマンレース。土曜は雨の影響を受けた開幕戦だったが、日曜の決勝はドライコンディションで行われた。

 

「2020鈴鹿クラブマンレースRound1」
開催日:2020年3月14~15日
開催地:鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)
主催:ARCN、SMSC

 

 

 

 3月14〜15日、鈴鹿サーキットで「鈴鹿クラブマンレース第1戦」が開催された。今年もシリーズ6戦+11月末のスペシャルステージで争われるが、そのうち6戦がフルコースを舞台とする。

 

 新設されたクラスはない一方で、2019年を限りに「FE1」こと初代「フォーミュラEnjoy」と「ネオヒストリック」が終了し、今シーズン限りで「RS(アールエス)」が終了することになった。R「Sは、1983年から続いてきた歴史あるクラスで、かつては鈴鹿1000kmの準主役ともなっていただけに、寂しくもある。

 

 鈴鹿クラブマンレースでも新型コロナウィルス感染拡大防止対策はもちろん怠らず、受付をクラスごと個別に行い、ブリーフィングはピットビル3階のテラスで実施されていた。

 

 鈴鹿スーパーFJ選手権開幕戦は、帰り新参の岡本大地選手がポールポジションを獲得。予選では午前中まで降った雨が路面に残るも、ドライタイヤでもほぼ走行可能な状況。その中で「最後の最後しか狙っていませんでした」と、しっかりとピークを合わせていた。2番手には初めてのフル参戦を予定している、上野大哲選手がつけた。

 

 決勝では予選5番手から飛び出した元嶋成弥選手がポールの岡本選手にも迫り、2周目のシケインで逆転に成功。一方、上野選手はスタートに出遅れ、4番手に後退したばかりか、4周目の2コーナーで接触されて、無念のリタイアを喫していた。

 

 抜かれた岡本選手は、その後も遅れず続き、そのまま激しいバトルが繰り広げられることが予想されたが、なんと元嶋選手にはドライビングスルーペナルティの判定が……。鋭いダッシュは、ジャンピングスタートだったのだ。

 

 これで後続との差が一気に広がった岡本選手は、ファステストラップを狙ってアクセルを少しも緩めず。最後は約8秒差での圧勝となり、「今年は鈴鹿で全部勝たないとダメだと思っています」と強く宣言した。2位は中村賢明選手との激しいバトルの末に、6周目の逆転で下野璃央選手が獲得した。

 

 鈴鹿・岡山ツーリングカー選手権で競われる、FIT 1.5チャレンジカップは、2019年チャンピオンのHIROBON選手と2位の伊藤裕士選手が鈴鹿・岡山シリーズから卒業しており、新たな覇権争いが注目された。そんな中、4度目となるポール獲得となったのは寺西玲央選手。「これまでスタートに難があったんですが(笑)、1コーナーにトップで飛び込めれば、たぶん大丈夫だと思います」と意気込む。1000分の5秒差で松尾充晃選手が、その寺西選手に続いていた。

 

 FIT 1.5チャレンジの決勝では、さらに西尾和早選手と蜂須賀清明選手を加え、4台で激しくトップが競われた。公約どおり1コーナーへのホールショットを決めた後は、後方からのプレッシャーにも屈することなく、寺西選手は逃げ切りに成功。「スプリントでは初めてです。耐久では優勝したことあるんですけど」という、嬉しい結果を修めた。2位は西尾選手で初表彰台。最終ラップのシケインで喫した松尾選手のミスを、最後にしっかり捉えていた。

 

 48台のグリッドに対し、3台の予選落ちを出すまでの盛況ぶりを見せたTOYOTA GAZOO Racingネッツカップヴィッツレース2020関西シリーズ開幕戦。再びゼッケン1を誇らしげにつけた峯幸弘選手がポールポジションを獲得した。

 

 決勝でもスタートと同時に飛び出して早々と差を広げるも、3周目の130Rで転倒車両があり赤旗中断。再開後も峯選手がいったんは逃げたが、橋本達宏選手に追い付かれ、ラスト3周はテール・トゥ・ノーズの戦いに転じていく。しかし、要所をしっかり押さえた峯選手は逆転を許さず。「橋本選手のペースが良くて、僕はまずまずな感じだったので」と語るも、まず幸先のいい1勝目を挙げることとなった。3位は杉山博紀選手が獲得し、水野大選手の追撃を振り切っていた。

 

 RSは近田直人選手がポール・トゥ・ウィンを達成。混走するCS2も徳升広平選手がスタートからトップを譲らず好走。昨年のF4チャンピオンは練習を含め、ドライコンディションを初めて走ったにも関わらず、圧倒的な速さを見せていた。

 

 VITA-01で争われるクラブマンスポーツでは、山谷直樹選手が予選で最速タイムを記すも、ピットレーンの速度超過があり2グリッド降格のペナルティが。繰り上がってポールを獲得したのは、これがデビュー戦の元山泰成選手だった。

 

 8周の決勝レースは、途中で赤旗中断を挟む展開となるが、最初のスタートのみならず、リスタートも完璧に決めたバイエルン松尾選手が優勝。昨年の岡山チャンピオンが鈴鹿シリーズに移行してきた格好で「チャレンジャーとして、戦っていきたいと思います」とは松尾選手。元山選手は山谷選手にも逆転を許し、デビューウィンを飾れなかったことを非常に悔しがっていた。

 

 新型のFE2だけで競われることになったフォーミュラEnjoyは、後続の激しいバトルを尻目に辰巳秀一選手がポールから一度もトップを譲らず。「優勝は初めてです。いいスタートが切れたので、今年はこの調子で行けたら」と語っていた。2位は永井秀和選手が、3位は今田一人選手が獲得した。

 

 FFチャレンジは、久々の登場となった松下裕一選手のポール・トゥ・ウィン。だが、最後まで毛利有佑選手を背後に置いたのは「1年ぶりだったので、勘が戻っていなくて、常に安パイで走っていた」ためだと。本領発揮の走りも見たいところだ。3位は坂和晃選手が獲得している。

 

 

 

20台がグリッドに並んだ鈴鹿スーパーFJ開幕戦。波乱の展開で岡本大地選手が優勝。

 

スーパーFJ表彰台。優勝は岡本大地選手。2位は下野璃央選手、3位は中村賢明選手。

 

鈴鹿・岡山ツーリングカー選手権のFIT1.5チャレンジカップは14台による決勝に。

 

FIT1.5チャレンジカップ優勝は寺西玲央選手。スプリントレースでは初勝利とか。

 

FIT1.5チャレンジカップ表彰台。優勝は寺西玲央選手。2位は西尾和早選手、3位は松尾充晃選手。

 

北海道/東北/関東/西日本シリーズに先駆けて2020年関西シリーズが鈴鹿で開幕した。

 

ヴィッツレース関西シリーズ開幕戦は関西チャンプ峯幸弘選手がポール・トゥ・ウィン。

 

ヴィッツ関西表彰台。優勝は峯幸弘選手。2位は橋本達宏選手、3位は杉山博紀選手。

 

VITA-01のクラブマンスポーツはバイエルン松尾選手が優勝。ファステストも獲得した。

 

クラブマンスポーツ表彰台。優勝はバイエルン松尾選手。2位は山谷直樹選手、3位は元山泰成選手。

 

RSとCS2は混走レース。7秒以上引き離す一人旅で近田直人選手が総合&RS優勝。

 

3台出走のRS表彰台。RS優勝は近田直人選手で2位は大城一選手。3位は阿部博行選手。

 

総合4位のCS2優勝となったのは2019年JAF-F4地方選手権チャンピオン徳升広平選手。

 

CS2表彰台。CS2優勝は徳升広平選手。2位は金久憲司選手、3位はTOMISAN選手。

 

フォーミュラEnjoyは14台の戦い。辰巳秀一選手はスタートから後続を引き離し初勝利。

 

フォーミュラEnjoy表彰台。優勝は辰巳秀一選手。2位は永井秀和選手、3位は山根一人選手。

 

EG6/EK4/EK9シビックによるFFチャレンジは、EG6同士の接近戦を松下裕一選手が制す。

 

FFチャレンジ表彰台。優勝は松下裕一選手。2位は毛利有祐選手、3位はEK9シビックの坂和晃選手。

 

ドライバーズブリーフィング等はピットビルのテラスなど風通しのいい場所で実施された。

 

 

フォト/Motorsports Forlum A.B、はた☆なおゆき レポート/はた☆なおゆき、JAFスポーツ編集部