レーシングカート

  • Twitter
  • Facebook
2019-07-10
雨の茂原を攻略したのはともにダンロップユーザーの高木悠帆と皆木駿輔

 全日本カート選手権OK部門2019シリーズの折り返し点となる第5戦/第6戦が、茂原ツインサーキットで開催。今季初のウェットコンディションでレースが行われた。第5戦ではトップ独走中の皆木駿輔(Croc Promotion)がトラブルで止まり、替わって先頭に立った高木悠帆(SUCCEED SPORTS Jr.)が初優勝。第6戦では皆木が第5戦の無念を晴らす独走優勝を飾った。

 

「最後まで諦めずに頑張った」というルーキーの高木悠帆が、OK部門に参戦して初の優勝を果たした。

 

OK部門第5戦の表彰台。左から2位の朝日ターボ、1位の高木、3位の高橋悠之。

 

2019年JAF全日本カート選手権OK部門 第5戦/第6戦
2019年JAF全日本カート選手権FS-125部門/FP-3部門 東地域第3戦

開催日:2019年7月6~7日
開催地:茂原ツインサーキット東コース(千葉県茂原市)
主催:MTC

 

 7月とは思えない冷え込みに見舞われた茂原東コースで、OK部門第5戦の決勝をポールからスタートした皆木は1周目から後続を引き離し、雨に煙るサーキットを堂々たる走りで独走していく。しかし、そのリードが3秒弱に達したレース中盤過ぎ、皆木のマシンはリアホイールが外れてクラッシュしてしまった。

 

 これで先頭に立ったのは、17歳のルーキー高木だ。スタートで3番グリッドからひとつ順位を上げて2番手を単独走行していた高木は、皆木からトップの座を引き継ぐと、リードを広げながらチェッカーまで走り切り初優勝を遂げた。初ポイント獲得が初優勝となった高木は、「FS-125部門で勝った時の原点に戻った気持ちで走ったら、勝つことができました。ゴールの瞬間は言葉にできないくらい嬉しかったです」と感無量の表情だ。

 

 2位には朝日ターボ(MASUDA RACING PROJECT)が入り、ダンロップユーザーが1-2フィニッシュを達成。ブリヂストン勢は高橋悠之(TONYKART RACING TEAM JAPAN)が奮闘を見せ、あと一歩で朝日を目の前に捕らえるところまで迫って3位でフィニッシュ、第2戦以来の表彰台に立った。

 

 第6戦決勝では、3番グリッドからスタートを決めた朝日がポールの皆木の前に立ち、先頭をひた走る。だが、やがて皆木のペースが朝日を上回り始め、28周レースの12周目にトップが交代。皆木はここからぐいぐいとリードを広げ、独走で今季2勝目を飾った。「難しいコンディションで、どういう展開になるか分からなかったけれど、気持ちで負けたらダメだと思って勝負しました」と皆木。

 

 皆木の後方では、序盤の出遅れを挽回した高木が朝日の真後ろに迫ったが、朝日はこの追撃を振り切って2位を獲得、高木が3位となった。チャンピオンシップでは、佐々木大樹(TONYKART RACING TEAM JAPAN)がポイントリーダーの座をキープ、皆木がランキング2番手に浮上した。

 

 FS-125部門では、ポールからスタートした星涼樹(DragoCorse)が接近する野村勇斗(EXGEL with MRP)を振り切り、全日本デビュー3戦目で初優勝を果たした。野村は2戦連続の2位。岩崎有矢斗(VITEC RACING)が3位フィニッシュで初表彰台に立った。

 

 FP-3部門では山本祐輝(Formula Blue TKC)がポールからの独走で初優勝。川福健太(FLAX motor Sports@NSP)がスタートでひとつ順位を上げて2位でフィニッシュ。半田昌宗(TEAM WOLF)がデビュー2戦目の初表彰台となる3位入賞を果たした。

 

 ジュニアカート選手権FP-Jr部門では、五十嵐文太郎(Super Racing Junkie!)がポールからの独走で初優勝。同FP-Jr Cadets部門では、春日龍之介(SPS川口)がスタートの出遅れを克服して初優勝を飾った。

 

第5戦で無念のクラッシュを喫した皆木駿輔は、続くOK部門第6戦でキッチリ優勝を獲得!

 

左から2位の朝日、1位の皆木、3位の高木が、第6戦の表彰台に登壇した。

 

「練習からウェットコンディションに合わせられた」という星涼樹が好調ぶりを維持してFS-125部門で優勝。

 

雨が降りしきる中、表彰台には左から2位に野村勇斗、1位に星、3位に岩崎有矢斗が上がった。

 

実力が拮抗した波乱のFP-3部門は、前戦の本庄で悔しい思いをした山本祐輝が優勝した。

 

左から2位の川福健太、1位の山本、3位の半田昌宗。それぞれ嬉しさがこみ上げた表彰式となった。

 

昨年のCadets部門チャンピオンの五十嵐文太郎が、FP-Jr部門に移って初優勝!

 

FP-Jr部門の表彰台。左から2位のOSAMU.S、1位の五十嵐、3位の村田悠磨が登壇。

 

第1戦のもてぎで2位を獲得して以来の表彰台となった春日龍之介。今回は表彰台のトップ!!

 

左から2位の鈴木恵武、1位の春日、3位の菊池貴博。これでポイント争いも激しくなってきた。