その他

  • Twitter
  • Facebook
2019-06-12
デジタルモータースポーツとリアルの融合! 「 スーパーフォーミュラ・ヴァーチャルシリーズ」座間で開幕!!

 

6月9日、神奈川県座間市にあるイオンモール座間にて、第1回となる「スーパーフォーミュラ・ヴァーチャルシリーズ」の神奈川大会が開催された。65名の参加者から2名が勝ち抜き、鈴鹿グランド大会への出場権を獲得した。

 

JAF認定「スーパーフォーミュラ・ヴァーチャルシリーズ」第1回神奈川大会
開催日:2019年6月9日(日)
開催地:イオンモール座間ノースコート(神奈川県座間市)
主催:株式会社日本レースプロモーション(JRP)

 

 プレイステーション®用ソフトウェア「グランツーリスモSPORT」を使ったバーチャルレース大会は国内外で数多く開催されているが、今回行われた大会は、スーパーフォーミュラの運営に関わる日本レースプロモーション(JRP)が主催する、「JAF認定」の名が付いた新しいバーチャルレースシリーズの開幕戦。

 

 このシリーズは、参加費無料で3戦+最終戦の合計4大会が予定されており、8月11日(日)に東京都武蔵村山市のイオンモールむさし村山で第2回西東京大会が行われ、10月6日(日)には三重県津市のイオンモール津南で第3回三重大会が開催される。

 

 そして、これら各大会の上位2名が、10月27日(日)に三重県の鈴鹿サーキットで開催されるスーパーフォーミュラ第7戦JAF鈴鹿グランプリで行われる「鈴鹿グランド大会」に参加できる運びとなっており、その出場権を賭けて第2回大会と第3回大会に挑む構図となっている。

 

 このバーチャルレースは、今年からスーパーフォーミュラにデビューした新型車両「SF19」を使ったワンメイクレース。実車に近いカラーリングを施した複数のSF19の中から1台をチョイスして、富士スピードウェイを模したフィールドなどを舞台に、予選、準決勝、決勝で上位を決めるフォーマットとなっている。

 

 JRPによれば、グランツーリスモSPORTとの関わりは、SF19導入時から検討を重ねていたそうで、開発元であるポリフォニー・デジタルとの長期間に渡る共同開発を実施。その結果、開幕直前に行われたモースポフェス2019鈴鹿で、グランツーリスモSPORTへのSF19収録が発表されたのはご存知のとおりだ。

 

 第1回神奈川大会は、神奈川県座間市にあるイオンモール座間のノースコートにあるオープンスペースで開催され、事前エントリーと当日エントリーを含めた65名の挑戦者が朝10時から集結。

 

 まずは、予選として「富士スピードウェイ」を走る4分間のタイムトライアルが行われ、全参加者から走行タイム上位12名が準決勝に進出することになった。この予選では1分21秒735というタイムが最速だった。

 

 この最速タイムは、リアルな富士スピードウェイにおける、SF19の非公式なコースレコードに符合する数値で、計測直後は、場内を大いに沸かせる出来事となった。最後の最後にこのタイムを計測して、予選トップ通過を果たしたのは「カルソニック」こと高橋拓也選手だ。

 

 予選上位12名が進出した準決勝は、2組に分かれた6名が、首都高速道路を模した「東京エクプレスウェイ・南ルート内回り」を4周するレース形式。各組の上位3名、合計6名が決勝に進出した。

 

 再び「富士スピードウェイ」を舞台とした6周の決勝レースでは、やや荒れたレース展開となりつつも、ポールポジションの高橋選手が優勝。記念すべき初回ウイナーの座を獲得した。

 

 2位は、後方集団から一気に追い付き、ファイナルラップで2番手に滑り込んだ「りおねる」こと尾形莉欧選手。そして3位は、最終周でレースをやや譲る形となった「くろみ」こと菅原達也選手という結果となり、1位の高橋選手と2位の尾形選手が、10月27日の鈴鹿グランド大会への出場権を獲得することになった。

 

第1回神奈川大会の会場はイオンモール座間のノースコート。大会の実況担当は笠原美香さん、ゲスト解説には何と千代勝正選手が登場!

 

ステージ脇にはSF14が展示され、ちびっ子を対象とした乗車体験コーナーを設置。また、富士スピードウェイの出張ブースも出展された。

 

 65名の参加者から予選で12名に絞られ、ABの2組で6名ずつの準決勝に進む。準決勝は「東京エクスプレスウェイ・南ルート内回り」が舞台。

 

 準決勝上位6名が決勝レースに進出。準決勝で敗退した選手と解説の千代選手、そしてイオンモールの千葉清一副社長によるデモレースも行われた。

 

 「富士スピードウェイ」を6周で争う6名による決勝レース。ポールポジションでスタートした高橋拓也選手が決勝レースをリードする展開に。

 

 優勝は高橋選手。最終周で菅原達也選手をパスした尾形莉欧選手が2位となり、この2名が10月27日開催の鈴鹿グランド大会の出場権を獲得した。

 

 

 

 

© 2019 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Degital Inc.
Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved.
Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties.
"Gran Turismo" logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.