ジムカーナ

  • Twitter
  • Facebook
2019-06-07
名阪Cで小俣洋平の5連勝を止めた! 小林規敏、ロードスターでPN1初勝利!!

全日本ジムカーナ選手権第5戦は、奈良県の名阪スポーツランドCコースで開催され、昨年からロードスターでPN1に挑む小林規敏が、開幕4連勝している強者・小俣洋平を抑えて、第2ヒートで逆転勝利した。

 

 

2019年JAF全日本ジムカーナ選手権第5戦「ALL JAPAN GYMKHANA in 名阪 まほろば決戦」
開催日:2019年6月1~2日
開催地:名阪スポーツランドCコース(奈良県山辺郡山添村)
主催:LAZY W.S

 

全日本ジムカーナ選手権の近畿ラウンドとして定着している「ALL JAPAN GYMKHANA in 名阪 まほろば決戦」が、今年は6月1~2日の日程で奈良県の名阪スポーツランドCコースで開催された。ここは山岳地にあるため天候が読めないコースとしても知られており、金曜に開催された練習会でも、予想外の大雨が降り出す状況となっていた。

 

土曜には公開練習が行われたが、この日は初夏の訪れを感じさせる暑さに見舞われ路面温度も上昇した。しかし、日曜の決勝では、天気予報どおりの曇り空となり、勝負の第2ヒートでは中盤のSA1辺りから雨が降り出し、結局その雨はSC部門まで続いたため、SA部門とSC部門については”1本目勝負”となった。

 

名阪スポーツランドCコースは、近畿エリアの老舗ミニサーキットとして知られているが、ジムカーナ競技においても歴史が深く、幾度も開催された全日本選手権では数々の名勝負が生まれてきた。今大会のエントリーはPN3が最多の25名、続いてPN2が24名を集め、選手権対象外のB1及びB2を合わせて144名の参加者が近畿の名門ジムカーナコースに挑んだ。

 

決勝コースレイアウトは、ギャラリースタンド目前のテクニカルセクションを皮切りに、コース外周を駆け抜けるハイスピードセクションを組み合わせた2本立て。近年ではジムカーナらしいフリーターンを設置して名物となっていたが、今大会では、前半のコース上に置かれた4本パイロンを何度も通過するテクニカルセクションが勝負のキモとなり、スタート直後から多くの選手がその”罠”にハマっていた。

 

今年からPN1へとクラスを変更したSA3チャンピオンの小俣洋平(ダンロップitzzロードスター)は、開幕戦から怒涛の4連勝を飾って、今シーズンは敵なし状態を誇っていた。昨年までタイトル争いを演じていた福田大輔(DLレイズT2Wmロードスター)や、昨年の名阪ウィナーでもある深川敬暢(DLエナペBRIG ロードスター)も今季は未勝利で、表彰台の高みは小俣が独占してきていた。

 

しかし、第2戦もてぎ南でコンマ差の戦いを演じた小林規敏(itzzBSエナGロードスター)が今大会では台頭することになった。

 

小林は一昨年からPN1をロードスターで戦う中堅ドライバー。今年からサポート体制が変わって、今大会と似たような路面状況だったもてぎ南では、小俣と僅差の2位表彰台を獲得していた。

 

二人は昨年までは同じタイヤメーカーを選択する僚友だったが、今年の小林は異なるメーカーをチョイスした。そのため、今年から同じ車種で同じクラスを戦うライバルとなったが、マシンのカラーリングも同じデザインとなったことも加わり、両者がそれぞれの「使命」を背負った、見えない激闘を続けていた。

 

今大会は、第2戦もてぎ南と似たような路面温度が低い状況となった。そのため、第1ヒートから低温路面に強いドライバーの台頭を予想した小俣は、気の抜けないトライとなっていた。

 

それでも、第1ヒートで暫定ベストを叩き出したのは小俣で、1分20秒230という後続の深川に約コンマ6秒差を付けて引き離してみせた。3番手は高屋隆一(BSぢっぷすWmNロードスター)、4番手は福田で、ここまでは小俣から1秒以内に近付いており、公開練習から調子の上がらない小林は、小俣に約1.5秒離された5番手に留まっていた。

 

勝負の第2ヒート。天気予報通りに曇天模様は覆らず、時折強い風が吹き始める悪条件でスタートした。第1ヒートでは珍しくミスコースを喫した斉藤邦夫や小林キュウテンらは1分21秒台がやっと。第3戦エビス西と第4戦タマダで連続入賞している高屋が1分20秒台に入れてきたものの、小俣のタイムには届かない。

 

そして小林のスタート。中間計時では自己タイムは更新したものの、小俣の第1ヒートのタイムは上回れなかった。しかし、後半で大きく巻き返して1分20秒212の暫定トップタイムを叩き出して小俣を逆転した。後続の深川はタイムダウン、続く福田は自己タイムを更新したが1分21秒台止まり。残すはPN1最終走者の小俣となった。

 

小俣は前半テクニカルセクションの序盤で自己タイムを落としてしまう。それでも遅れを取り戻しながら後半の高速セクションに入るも、再び僅かな遅れが生じる展開。ゴールタイムは1分20秒298。小俣の第2ヒートはタイムダウンに終わってしまった。

 

この結果、小俣の第1ヒートのタイムを、第2ヒートでコンマ018秒逆転した小林が、PN1にクラスを変更してから初勝利、そして2016年の第7戦恋の浦以来、自身2度目の全日本優勝を飾った。

 

「名阪スポーツランドは好きなコースですし、インテグラ時代にタイムが出ていたこともあったんですが、なかなか勝てませんでした。今年から体制を変更して、ここまで良さそうな雰囲気が出ていたので、第4戦タマダから気合が入ってました。今回の1本目はかなりリズムが悪かったので、2本目で小俣さんのタイムは抜けるだろうとは思ってました」

 

「でも、2本目は気付かないうちに力が入っちゃったみたいで、いろいろミスしちゃいました(笑)。自分はどうしても、うまく力が抜けなくて自分の走りができないことが多いので課題ですね。タイヤの感触も掴めてきましたし、結果だけ見れば良かったですが、自分の理想の走りには程遠い感じでした」

 

と、勝って兜の緒を締めた小林。一発の速さを持つことで知られる小林は、小俣がかなり警戒しているドライバー。開幕5連勝を実現できなかった小俣は再び一強状態に持ち込めるのか、それとも並み居るライバルが反撃を開始するのか? 路面温度が高まる夏の時期を前に、PN1のタイトル争いは転換点を迎えた。

 

PN1表彰台。優勝の小林規敏は全日本2勝目。小俣洋平は2位。3位は好調の高屋隆一で、4位は深川敬暢、5位は福田大輔、6位は斉藤邦夫。

 

PN1優勝の小林と同じカラーリングを纏うライバルの小俣は開幕5連勝ならずの2位。第2ヒートはタイムダウンに終わってしまい次戦で再起を図る。

 

PN2は山野哲也が2連勝で今季4勝目。山野に迫った河本晃一も第2ヒートはペナルティ。山野は名阪の勝率を4割台に上げて、今回の目標を達成した。

 

再び第1ヒートはペナルティに沈んだPN3ユウが第2ヒートで大逆転。西野洋平が2ヒートともペナルティに終わったため、ユウが今季2勝目を挙げた。

 

12台の参加があったPN4。毎戦僅差の勝負を展開する茅野成樹と野島隆宏だが、今回は野島が約コンマ2秒差で優勝。19歳の奥井優介は連続表彰台!

 

第2ヒートは雨が降り出し、結局”1本目勝負”となったSA1。今年は未勝利でポイントリーダーに立っていた小武拓矢が、ようやくシーズン初勝利。

 

関東の若手・冨田悟が名阪スポーツランド初走行でSA1で2位表彰台を獲得する殊勲賞。コースから溢れんばかりの激しい走りを第1ヒートから見せたが、第2ヒートではさすがに大量ペナルティを喫することに。

 

第1ヒートのタイムで勝負が決したSA2。若林拳人が第4戦タマダに続く2連勝を挙げ、高江淳と若林拳人、朝山崇のランキング争いが混戦模様に。

 

第1ヒートで後続を約1秒引き離す快走を見せたSA3西森顕。今季の全日本ジムカーナでは唯一となる5連勝を挙げ、”タイトル”が見えてきた。

 

津川信次と菱井将文がしのぎを削るSA4。第1ヒートのペナルティで最下位に沈んだ津川に対し、菱井は久々となる大会オーバーオール優勝を獲得。

 

第1ヒートは野尻隆司に僅かコンマ08秒差で競り勝ったSC大橋渡。雨のためそれが決勝タイムとなり、大橋がGJインプレッサでは初勝利!

 

選手権対象外のB1とB2が併設された。B1では、公開練習における「あわや」の瞬間を乗り越え、よこ山弘之とコンマ07秒差の争いを制した藤林伸吉が優勝。B2は、S2000を駆る間瀬戸勇樹が大差で勝利した。

 

決勝コースレイアウト。ギャラリースタンド前に置かれたテクニカルセクションを前半とし、後半は名阪スポーツランドの外周をすべて使う高速セクションを組み合わせた、全日本では定番の構成が採用された。

 

あいにくの雨模様となったが、全日本ジムカーナ選手会(AJGA)による、来場者ギャラリーを対象とした同乗走行が今回も行われ、地元近畿の選手を中心に、同乗車両の運転やコースオフィシャルを担当した。

 

関わる全員が全力で運営にあたるスタンスに定評がある主催クラブのLAZY W.S。表彰式の最後には、コースオフィシャルが参加選手の目前に整列した状態で閉会の挨拶が行われ、今大会は無事閉幕を迎えた。