ジムカーナ

  • Twitter
  • Facebook
2019-05-22
全日本期待の若手、若林拳人が待望のSA2クラス初優勝!

全日本ジムカーナ選手権は5月11~12日、広島県のスポーツランドタマダで第4戦が行われ、SA2クラスでは昨年のSA1チャンピオン、若林拳人がクラス移籍後、初の勝利をあげた。

 

 

2019年JAF全日本ジムカーナ選手権第4戦 広島マツダカップin TAMADA
開催日: 2019年5月11~12日
開催地: スポーツランドTAMADA(広島県広島市)
主催: FULLHOUSE, T4全日本ジムカーナタマダ

 

 タマダでの全日本ジムカーナは今年で3年連続の開催。今年の話題は何と言ってもシーズンオフの間にコースが広げられたことで、ピットから見て右手奥の部分が拡幅され、緩いRを持つ外周セクションが新設された。

 

 従来のコースも再舗装されたため、多くのドライバーは土曜の公開練習ではコース習熟に努めたが、メインストレートから飛び込む新設の左コーナーでは有力ドライバーがスポンジバリアに突っ込むなど、攻略の難しさを早くも浮き彫りにした。

 

 天候は土日とも快晴で夏を思わせる暑さに見舞われた。新しい舗装のグリップが読み切れないこともあって、決勝は1本め勝負と見る向きもあったが、終わってみれば各クラスともタイムアップ傾向を示し、最後まで息詰まるバトルが展開された。

 

 2018年チャンピオンの高江淳(DLオイチェΩBPFインテグラ)が開幕2連勝と貫禄を見せたSA2クラス。しかし第3戦福島エビスサーキットでは四国の朝山崇(DLBPFRSKインテグラK1)が復活を告げる今季初勝利をあげて一矢報いた。その朝山は土曜日、話題の新設の左コーナーでコースオフ。周りをヒヤリとさせる一幕もあったが、開けた日曜は好調をキープ。暫定2番手につける。

 

 勝負の2本め。朝山はヒート1で暫定ベストをマークした若林拳人(YH若林自動車速心インテグラ)のタイムを0.7秒も更新するタイムでゴールするもパイロンタッチを取られて逆転はならず。若林も僅差ながらタイムアップするも同じくパイロンペナルティ。注目のラストゼッケン、高江はノーペナルティで走り切り、自らのベストも更新したが、若林のタイムには0.3秒及ばず。今年、CR-Xからインテグラに乗り換えた若きチャォンピオンがクラス移籍4戦めで待望の勝利を獲得した。

 

 「懸案だったサイドブレーキは改善できたんで何とかターンもこなせましたが、タイムでは朝山さんに追いつけてない。最後のタイトなパイロンで何とか稼げた感じですね。まだまだやることは多いです」とゴール後は苦笑しながら振り返った若林だが、この勝利でタイトルレースに踏みとどまったのは事実。後半戦の巻き返しが注目されるところだ。

 

 PN1クラスでは小俣洋平(itzzダンロップロードスター)がマツダのお膝元で開幕4連勝。PN2クラスでは山野哲也(EXEDY 12D 124)が一旦は河本晃一(レイズHALリジットZ_12D)の逆転を許すも再逆転で3勝目をマークした。PN3でも西野洋平(BSカローラ栃木ALEX86)がライバル、ユウ(BSエボitzz NTL 86)を引き離す3勝目を奪い、PN4も同様に茅野成樹(エアフォルクダンロップランサー)が前戦のウィナー野島孝宏(DLレイズWMLubランサー犬)を下して3勝目をあげた。

 

 改造車部門ではSA1クラスは一色健太郎(DLitzzLtRSKシビック)がエビスに続いて2連勝。SA3では西森顕(BSレイズペトロナスCSNSX)がロータス・エキシージ勢の追撃を僅差でかわして開幕4連勝をゲットしている。SA4では津川信次(DL☆itzz☆URGランサー)が快勝でライバル菱井将文(BSレイズ・クスコランサー)に勝ち星で並んだ。SCではディフェンディングチャンピオン西原正樹(乱人アクアBSインプレッサ)がヒート2でライバルを引き離し、3勝めをあげた。

 

2番手を1秒突き放すタイムで今回も快勝のPN1小俣洋平。

 

PN2は2ヒート後半に気迫の走りを見せた山野哲也が3勝目を獲得。

 

PN3注目のトップ2のバトルは前戦に続いて西野洋平に軍配。

 

PN4はディフェンディングチャンプの茅野成樹が早くも3勝目獲得。

 

SA1は一色健太郎がぶっちぎりのタイムで2連勝。

 

ヒート1のタイムで逃げ切った若林拳人はSA2クラス4戦めで初勝利をあげた。

 

SA3はNSXマイスター西森顕が僅差で逃げ切り、負けなしの4連勝。

 

SA4は今回はライバル菱井を寄せ付けない走りを見せた津川信次が優勝。

 

SCはチャンピオン西原正樹が2本ともベストで上がって貫禄を見せた。

 

併催の箱Dクラスは元全日本ジムカーナチャンプ川脇一晃が快勝。

 

同じく併催のK CAR対象のBRKクラスはカプチーノマイスター大原秀樹が優勝。

 

2ヒート終了後には今回も全日本ジムカーナ選手会による同乗走行・パレードランといったお楽しみイベントが行われた。