レース

  • Twitter
  • Facebook
2019-04-19
2019スーパー GTが岡山で開幕。雨の決勝は赤旗終了の波乱の展開に

©GTA

 

2019 SUPER GT Round 1 OKAYAMA GT 300km RACE
開催日:2019年4月13~14日
開催場所: 岡山国際サーキット(岡山県美作市)
主催:株式会社岡山国際サーキット、AC、株式会社GTアソシエション
(参考元:http://jaf-sports.jp/competition/calendar/race/supergt.htm

 

4月13〜14日にかけて、岡山国際サーキットで「2019 SUPER GT」が開幕。雨でセーフティカー導入5回、赤旗中断が二度も起きた荒れたレースになった。予選5番手からスタートした#8「ARTA NSX-GT」(野尻智紀/伊沢拓也組)が勝利を手にし、GT300クラスは地元岡山の#96「K-tunes RC F GT3」(新田守男/阪口晴南組)が優勝した。

 

 桜が満開の岡山国際。暖かい天候の13日に行われた公式予選は、GT500クラスで全15台中11台が、従来の1分18秒126を超えるコースレコードを更新。

 

 1分16秒602でポールポジションを獲得したのは、#23「MOTUL AUTECH GT-R」(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)で、昨年の富士大会以来のPP獲得。2番手には1分16秒876で#12「カルソニック IMPUL GT-R」(佐々木大樹/ジェームス・ロシター組)が着き、フロントローをGT-Rが独占する。 一方レクサス勢は、6台中5台がQ2への進出がならず、勢力地図が一変したように見えた。またGT300クラスでは、今季はスーパーフォーミュラと掛け持ち参戦する福住仁嶺が、1分24秒889で#55「ARTA NSX GT3」(高木真一/福住組)をポールに導いた。

 

 決勝日は午前中から雨が降ったり止んだりの天候に。グリッドウォークでは雨は止んでいたが、82周の決勝レースがスタートする前から雨粒が落ちて来て、レースはセーフティカー(SC)の先導で始まった。

 

 3周完了でSCが隊列から離れてバトル開始。昨年のチャンピオンで予選3番手の#1「RAYBRIG NSX-GT」(山本尚貴/ジェンソン・バトン組)がヘアピンで2番手に浮上。しかしGT300の車両が1コーナーで接触&コースアウトし、すぐにSCランとなった。

 

 10周完了でバトル再開。ミッドシップ車両のためにリヤタイヤの暖まりが早いのか、#1山本が1コーナーで#23クインタレッリをかわしてトップを奪った。また予選4番手の#17「KEIHIN NSX-GT」(塚越広大/ベルトラン・バゲット)も2番手へ順位を上げた。しかし雨量が増えた13周目のモスSで多重クラッシュが発生し、SC導入直後に赤旗が掲出されてレースは中断となった。

 

 45分の中断後、SC先導でレースが再開。19周終了でSCが離れ、予選5番手の#8伊沢が3番手に上がり、NSXがトップ3を独占する形となった。しかし24周目の1コーナーで、トップの#1山本に#17塚越が接触。#1山本はコースアウトして身動きが取れなくなり、ここで5回目のSC導入に。隊列を立て直した後もSCランが続いたが、32周目に再び赤旗が掲出されてレースが中断。雨による視界不良と安全面を考慮して30周で終了となった。

 

 トップを走行していた#17塚越は、危険なドライブ行為として34秒のペナルティが加算され14位に。代わって#8伊沢が繰り上がり、昨年最終戦からの連勝で平成最後のGTレースでのウィナーとなった。2位は#23、3位は#12と共にGT-R勢が占めた。

 

 レース後、#1伊沢は「コース上に留まるのも難しい中、何とかニッサンの2台を抜く事が出来ました」と語り、続けて「前を走っていたホンダ2台がいなくなって、結果的に優勝出来たのは複雑な気持ちですが、そういう位置にいられた事が大きいと思うので、良かったと思います」と振り返っていた。

 

決勝当日のスターティンググリッド。曇天の下にファンの声援が飛び交い、レースへの期待が高まっていた。©GTA

 

赤旗終了となったSUPER GT開幕戦。本来の82周のうち75%を消化できなかったため、付与されるポイントはハーフポイントのみになる。©GTA

 

GT500を制した「ARTA NSX-GT」。波乱の展開の中で勝利を掴んだ伊沢は、HONDA勢のアクシデントで得た勝利に複雑な心境だった。

 

GT5002位の「MOTUL AUTECH GT-R」。PPを獲得したが惜しくも優勝は逃した。今後に注目したい。

 

GT500の3位は「カルソニック IMPUL GT-R」。今季から元レクサスのロシターが加入。決勝では走らなかったが、次の富士大会への意欲を語っていた。©GTA

 

GT300の優勝車である「K-tunes RC F GT3」。ベテランの新田が気迫ある走りを見せつけた。©GTA

 

「ARTA NSX GT3」。ルーキーの福住がPPを獲ったが、決勝は惜しくも2位となった。©GTA

 

GT300で3位の「埼玉トヨペットGB マークX MC」。参戦3年目となる今シーズンでは、脇坂薫一と吉田広樹がドライバーを務める。©GTA

 

岡山大会の勝利者たちが登壇。左からGT300優勝の「K-tunes RC F GT3」の阪口晴南/新田守男組。GT500優勝の「ARTA NSX-GT」の野尻智紀/伊沢拓也組。©GTA