レーシングカート

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
2018-06-13
今季2勝目の佐々木大樹が第3戦、今季初優勝の名取鉄平が第4戦を制す!

全日本カート選手権OK部門の今季2度目の大会が埼玉県・本庄サーキットで開催され、第3戦はGT500ドライバーでもある佐々木大樹(TONYKART RACING TEAM JAPAN)が、第4戦はJAF F4でも活躍中の名取鉄平(Team BirelART)が優勝した。

 

JAF全日本カート選手権OK部門第3戦&第4戦
JAF全日本カート選手権FS-125東地域第2戦
開催日:2018年6月2~3日 開催地:本庄サーキット
主催:チームケービーエフ

 

OK部門の第3戦は、予選ヒート3番手からスタートした佐々木大樹が1位フィニッシュ。

 

ラスト3周で先頭に出て、後続を抑えつつ逃げ切った名取鉄平が、第4戦のOK部門を制した。

 

本庄は主に自動車やバイクの走行に使用されるサーキットで、カートレースの舞台としては最大級。全日本カート選手権のシリーズ中、もっともスピードが乗るコースだ。決勝日の空は快晴。まぶしい日差しが照り付ける暑い一日となった。

 第3戦の決勝は、佐藤蓮(DragoCORSE)、名取、佐々木、高橋悠之(TONYKART RACING TEAM JAPAN)、三村壮太郎(Croc Promotion)、水野皓稀(INTREPID JAPAN CORSE)、冨田自然(Team BirelART)の7台による優勝争いとなった。

 レースが折り返し点を過ぎると、前半戦をリードしていた佐藤に代わって佐々木が先頭に立ち、チームメイトの高橋がそれに続く。

 佐々木と高橋は3番手以降にやや差を開いてレース終盤に突入。佐々木はラスト2周に入ると勝負所のコーナーで巧みにインを締めて後続を封じ込め、第1戦に続く今季2勝目を獲得した。高橋はあと一歩で勝利を逃がしたものの、今季最上位の2位に。4番手まで後退していた佐藤が、チェッカー目前に名取を逆転して3位をつかみ取った。

 第4戦の決勝は、レース序盤に先頭集団を抜け出した佐々木と名取のマッチレースとなった。

 佐々木はトップを行く名取の真後ろに着けて、タイヤを温存しながらラップを重ね、残り5周で満を持して先頭へ。だが、その2周後には名取がトップを奪い返す。最後まで白熱のバトルを繰り広げた2台は、ほぼ横一線でチェッカーへとなだれ込んだ。その結果は、名取の今季初勝利だった。佐々木は100分の2秒差で2位に終わったが、これでポイントランキングの首位に立つこととなった。

 混戦の3位争いを制したのは、10番グリッドから挽回した15歳のルーキー森山冬星(TEAM WOLF)。同じくルーキーの水野も予選3番手、決勝6位と活躍を見せた。

 同時開催の全日本カート選手権・東地域第2戦では、予選5番手の大木一輝(KP-BUZZ)が大集団のトップ争いを積極的に戦い、フル参戦2年目で初勝利を果たした。

 

激しい先頭争いを繰り広げながらも、巧みに隙をついて抜け出した大木一輝がFS-125東地域第2戦で初優勝。