レース

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
2018-05-30
坪井翔が開幕4連勝! 宮田莉朋はファステストを奪い一矢報いる

 

終始安定したペースで2戦とも独走した坪井翔が開幕4連勝を掴んだ。

 

2018年の全日本F3選手権第2大会がスポーツランドSUGOで開催。第3戦/第4戦と坪井翔(カローラ中京 Kuo TOM'S F317)が2連勝を飾りランキングでもトップ独走。チームメイトの宮田莉朋がファステストラップを奪い、坪井のフルポイント獲得を阻止した。

 

JAF全日本フォーミュラ3選手権第3戦&第4戦
開催日:2018年5月26~27日 開催地:スポーツランドSUGO
主催:株式会社菅生、SSC

 

全日本フォーミュラ3選手権の第2大会は、開幕戦鈴鹿と同様に全日本スーパーフォーミュラ選手権との併催となった。公式スケジュールが始まる前の木曜から速さを見せたのは坪井。金曜に行われた練習走行も他を大きくリードしてトップタイムを記録した。

 公式予選でも、セッション終盤に赤旗が掲示されて満足なタイム記録ができないドライバーもいた中で、坪井は第3戦/第4戦ともにポールポジションを獲得。宮田と大湯都史樹(TODA FIGHTEX)が第3戦/第4戦のフロントローポジションと3番手を入れ替える形で入り、4番手が阪口晴南(TODA FIGHTEX)となった。

 第3戦決勝は、26日の夕方にスタート。最前列に並ぶ坪井と宮田は順当にスタートを切ったが、大湯をかわして阪口が3番手に上がった。しかし、2周目の1コーナーで大湯がポジションを奪い返し、坪井、宮田、大湯というトップ3でレースが進んでいった。

 トップの坪井が宮田との差を広げる一方、大湯と阪口の表彰台争いは1秒を切る差の中で激しい接近戦に。さらにレース後半になると、5位を走る笹原右京(THREEBOND)もジワジワと近づき、3台での争いへと変化していった。

 後ろの2台に迫られた大湯だったが、18周のレースの最終ラップまでライバルを抑えきり、自身初のF3表彰台となる3位を獲得した。トップ争いは、盤石の差を保ってファステストラップまで奪った坪井が完全勝利。開幕戦から3戦連続でトムスチームが、宮田とともに1‐2フィニッシュを飾った。

 翌27日には第4戦決勝が行われた。ポールシッターの坪井は抜群のスタートを決めトップで1コーナーへ。2番手の大湯は加速が鈍り、2列目に並んだ宮田と阪口の先行を許してしまう。

 坪井、宮田、阪口の順でレースは展開。大湯は2周目の1コーナーで前日同様のオーバーテイクを試みるが、阪口はポジションを死守した。トップ争いも第3戦と同じように坪井がリードを築いていったが、周回遅れのマシンが現れると、宮田がうまく差を詰めてくるようになる。

 ただし、1秒を切るところまではなかなか縮まらず、順位は変わることなくレースはフィニッシュ。坪井が開幕から4連勝を飾ることになった。

 宮田は悔しい2位フィニッシュながら、残り2周のところで力を振り絞ってファステストラップを奪取。坪井のフルポイント獲得を阻止してみせた。

 

坪井翔が4連勝で宮田莉朋は連続銀メダル。そして大湯都史樹はF3では初の表彰台を獲得。