ジムカーナ

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
2018-04-24
SA2佐藤巧、強者・朝山崇を下して全日本ジムカーナ初優勝!

「いつ勝ってもおかしくない」と恐れられて来たSA2佐藤巧がついに来た!

 

2018年JAF全日本ジムカーナ選手権第3戦
「オールジャパンジムカーナ イン エビス」
開催日:2018年4月21~22日 開催地:エビスサーキット西コース(福島県二本松市)
主催:奥州VICIC

 

季節外れの”猛暑”に見舞われた全日本ジムカーナ第2戦エビス西ラウンド。逆走レイアウト&新舗装に翻弄された決勝では、逆転に次ぐ逆転の予想外の"2本目勝負"となった。

 

今年で4回目の全日本選手権が開催された福島・エビスサーキット西コース。レースウィークは気温が30度にも迫る熱気に包まれて、過去のデータが通用しない想定外のコンディションとなった。全日本選手権クラスは99台のエントリーを集めた第3戦は、残念ながらPN4が不成立。選手権対象外の箱Dクラスを含めて103台の戦いがスタートした。

 路面温度の上昇から、第1ヒートの結果で勝負が決まる”1本目勝負”が予想されていた。しかし、第1ヒートで終始吹き荒れた強風の影響からか、第2ヒートでも自己タイムやベストタイムの更新が見られ、結局、全クラスで"2本目勝負"の逆転劇が演じられた。

 中でも、ベテランと若手がしのぎを削るSA2では、第1ヒートで2位を約コンマ6秒引き離して1分24秒816で暫定トップに立った、ディフェンディングチャンピオン・朝山崇(DL◆BPF◆RSKインテグラ)がそのまま逃げ切り優勝を決めるかと思われた。

 ところが、クラス半ばでスタートした佐藤巧(YH★M-ARTS★インテグラ)が1分24秒651でベストタイムを更新。そのタイムは最終走者・朝山まで破られることはなく、朝山も自己タイムを上げてきたが、約コンマ1秒届かない1分24秒734に終わったため、佐藤が待望の全日本初優勝を獲得した。

「勝てそうで勝てないと言われ続けて4年ぐらい経ちますので、今日の勝利は本当に嬉しいです。これまで支えてくださった皆さんに感謝です。実は、第2戦タマダ終了後に一念発起して、こだわってきたセッティングを見直したんです。そしたらもの凄く乗りやすくなりました。ということで、第4戦名阪からは、皆さん覚悟してくださいね!」とは佐藤。

 2015年には初表彰台の2位を獲得し、2016年や2017年にも僅差の2位で破れてきた悔しい経験を持つだけに、勝ち方を知った佐藤の秘めた実力がこれから開花することになる。

 また、今年話題のPN2では、第2戦タマダの勝利で自身通算99勝目を数えていた山野哲也(EXEDY 05D 124)が第2ヒートで逆転勝利。これで未踏の「全日本ジムカーナ100勝」を達成し、スピード競技の世界に、他の追随を許さない金字塔を打ち立てた。

 PN1は深川敬暢(DLエナペBRIGロードスター)が自身2勝目。PN3はユウ(BSエボitzz NTL 86)が今季初優勝し、SA1は志村雅紀(YHレイルWmDシビックKYB)が大逆転で今季初勝利を挙げた。

 SA3は好調の小俣洋平(DL itzzオベリスクRX7)が3勝目、SA4の津川信次(DL☆itzz☆URGランサー)も3連勝を挙げた。今回も急遽代車での参戦となった大橋渡(DLレカロPRSランサー)が2連勝を挙げている。

 4台が参戦した箱Dクラスは、KP61スターレットを駆る大井貴之(YSSK1箱DSPスターレット)が第1ヒートのタイムで優勝した。


 

再車検場で最終走者のゴールを待つSA2佐藤巧。拳をしっかりと握り、喜びを爆発させた。

 

昨年の最終戦鈴鹿南で初勝利を挙げたPN1深川敬暢が、2本目の大逆転で2勝目をゲット。

 

PN2河本晃一の猛追をかわした山野哲也が、未踏の"全日本ジムカーナ100勝"を獲得した。

 

後期型の86に全日本ジムカーナ初勝利をもたらしたユウ(左)。2位は西野洋平(右)。

 

今季の序盤戦はセッティングに悩んだSA1志村雅紀。心機一転で挑んだエビスで復調!

 

セッティングが決まり、自他ともに乗れているSA3小俣洋平。意外にもエビス初制覇。

 

菱井将文の追撃も届かず、津川信次が自己タイムをコンマ05秒更新して開幕3連勝!

 

第2戦タマダに続き再び代車での参戦となった大橋渡が第1ヒートのタイムで逃げ切った。

 

昨年までとは”逆走”レイアウトが採用された今大会。フィニッシュ後に観客席の前を通過する動線となったため、勝敗が決する瞬間を来場者全員で共有できる稀有な大会となった。