その他

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
2018-03-15
国内モータースポーツシーズン開幕を告げる「鈴鹿ファン感」が開催

3月10~11日、鈴鹿サーキットで「モータースポーツファン感謝デー」が開催。スペシャルゲストとしてジャンカルロ・フィジケラが登場したほか、ジャン・アレジ、ジュリアーノ・アレジ親子や星野一義、中嶋悟など、国内外のレジェンドたちが集結して大いに賑わった。

 

「鈴鹿サーキットモータースポーツファン感謝デー」は、国内モータースポーツシーズンの開幕を告げるイベントとして恒例となっている。

今年は伝統の鈴鹿1000kmレースがFIA GT3車両とJAF N-GTによる「SUZUKA 10 HOURS」(鈴鹿10時間)へと一新することもあり、すでに参戦が決定している7台のマシンが、まず本番さながらのデモランを行った。

また、SUPER FORMULAのシーズン前哨戦となるデモレースでは、松下信治や福住仁嶺らルーキードライバーが、昨年の王者、石浦宏明をオーバーテイクするシーンを見せ、観客を沸かせた。
 元F1ドライバーなど、毎年レジェンドたちがスペシャルゲストとして登場するファン感謝デーだが、今年はジャンカルロ・フィジケラが初来場。

ジャン・アレジ、ジュリアーノ・アレジ親子とともに、フェラーリF1のデモ走行を披露した。また、2009年のF1王者で、今シーズンSUPER GTのGT500クラスにフル参戦するジェンソン・バトンも鈴鹿に登場。フィジケラとともにイベントの開会宣言を行ったほか、SUPER GTデモランではRAYBRIG NSX-GTでアグレッシブな走りを見せた。
 2012年から始まった永遠のライバル対決「星野一義VS中嶋悟」も、今回が最後の戦い。

昨年までの対戦成績は中嶋が6勝に対し星野が4勝で、土曜日・日曜日の2戦で勝負が決まることに。土曜日は星野が勝利を飾り、喜びのドーナツターンを披露した。日曜日のバトルは、ポールポジションからスタートした星野がトップチェッカーを受け、これで6勝。

両者引き分けで幕を閉じるかと思われたが、敗れた中嶋がマシンから降りず(!)、まさかの再戦要求。ファンの大きな拍手にも後押しされ、奇跡の再戦が実現となった。
 注目のサドンデスは「これまでのお返し」とばかりにロケットダッシュした中嶋が1コーナーでオーバーランし、星野がリード。しかし2周目の1コーナーで中嶋が首位を奪い返してチェッカー。通算7勝の中嶋がチャンピオンベルトを手に入れ、7年間にわたる戦いが決着となった。

 

 

SUZUKA 10 HOURSに参戦が予想される注目のNSX GT3をはじめとするFIA GT3車両がデモレースを披露した。

 

 

「F1レジェンドトーク」のコーナーでは、ジャン・アレジ、ジャンカルロ・フィジケラ、ジェンソン・バトン、ヘイキ・コバライネンという元F1のトップドライバーが勢揃いした。

 

 


 

イベントのトリを飾った「永遠のライバル対決」では、“延長戦”で星野一義“選手”を下した中嶋悟“選手”が栄えあるチャンピオンベルトを手にした。