ジムカーナ

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
2018-03-14
2018年全日本ジムカーナが、久々開催の筑波1000で開幕

2018年全日本ジムカーナが、久々開催の筑波1000で開幕

 

巧者・山野哲也(左)をコンマ01秒差で制して勝利を挙げたPN2河本晃一。

 

 2018年JAF全日本ジムカーナ選手権第1戦
「TAKUMI OIL CUP GYMKHANA IN TSUKUBA」
開催日:2018年3月10~11日 開催地:筑波サーキットコース1000(茨城県下妻市)
主催:T-SPIRIT、KSC、THE・MC

 

今年は全10戦で争われる全日本ジムカーナ選手権が、茨城の筑波サーキットコース1000で開幕した。肌寒く路面温度も上がらない状況ながら、”2本目勝負”の激戦が展開された。

 

ジムカーナの日本一を決める最高峰シリーズである全日本ジムカーナ選手権の2018年シリーズは、茨城県下妻市にある筑波サーキットコース1000で開幕した。同所での開催は2004年の第9戦以来ということで、実に14年ぶりの全日本選手権開催となった。
 今大会にはPN部門、SA部門、SC部門に加え、選手権対象外のFDクラスや箱Dクラスを併設。

PN3には最多の23台を集めて合計127台のエントリーがあった。
 今年はZC33Sスイフトスポーツの本格投入が目立ち、当該クラスのPN2では最多の20台が集結。Z34フェアレディZや、昨年のチャンピオンマシンであるアバルト124スパイダー、FD2シビック、FK2シビックに加え、過給器付きのFWDターボである新型スイフトスポーツやMINIジョン・クーパー・ワークスなど加わって、無差別級の戦いが加速することになった。

また、昨年までは最多クラスとなっていたPN1では、ZC32Sスイフトスポーツの参加がなくなり、ND5RCロードスターのワンメイク状態となっている。
 レースウィークは雨を示した天気予報とは裏腹に、まだまだ肌寒い気候ながら曇りベースの天候となり、決勝日には晴れ間も見えた。しかし、路面温度が上がらない状況は代わらず、思ったようなグリップ感が得られず、タイヤチョイスは困難を極めた。
 決勝コースは筑波1000をフルに使った高速レイアウトを採用。

ピットからスタートしてコース上に置かれた1本パイロンターンを回り、内周のショートカットを複数周回してからアクセル全開でコースを横断し、再びパイロンターンでフィニッシュするという構成だった。

比較的コース幅が広い筑波1000は、ライン取りの自由度も高く、あまりジムカーナで使われないこともあり、最速の走り方を見い出すトライが各クラスで行われた。
 決勝では、第2ヒートでタイムダウンを喫する選手も多かったが、上位勢では激しい逆転劇も見られ、短期間でコースへの習熟を高められたベテラン勢の活躍が目立った。
 PN1では、アドバン40周年記念カラーをまとった斉藤邦夫(ADVAN 40thロードスター)が、第2ヒートにおける福田大輔(DLレイズWmT2ロードスター)の逆転を再逆転して優勝。”40周年優勝”一番乗りを果たした。
 PN2では、ディフェンディングチャンピオン山野哲也(EXEDY 05D 124)を第1ヒートのタイムで下した河本晃一(RAYSリジットZニスモ05D)が逃げ切って優勝。昨年の最終戦鈴鹿南に続く連勝を飾った。
 PN3では、昨年のチャンピオンであるユウ(BSエボitzz NTL 86)が後期型86に乗り換えて参戦。

昨年シリーズ2位の西野洋平(BS ALEX C栃木 DP那須 86)は、大ベテランのダンディ赤城とダブルエントリーで挑み、第1ヒートのタイムで逃げ切って優勝した。
 PN4は、茅野成樹(エアフォルクダンロップランサー)と野島孝宏(DLレイズWM Lubランサー犬)というCZ4Aランサーを駆る2016年と2017年チャンピオンの一騎打ち。茅野選手が2本ともペナルティに沈み、野島選手が圧倒的なタイム差で開幕戦を制した。
 SA1は、昨年のシリーズ上位勢が精彩を欠く状況。2017チャンピオン若林拳人(YH若林自動車速心CR-X弟)が2本ともコンマ差で迫るも、サーキット走行を得意とする近藤岳士(YH/Moty's渦CR-X)が第1ヒートのタイムで逃げ切って優勝した。
 SA2では、ディフェンディングチャンピオン・朝山崇(DL◆BPF◆RSKインテグラ)が第1ヒートで"FFオーバーオールタイム"を計測して優勝。

澤平直樹(YHボレロクスコインテグラ)や高江淳(DLオイチェΩ BPFインテグラ)らも僅差で食らい付いて、今シーズンもこの3名によるタイトル争いを予感させた。
 SA3は、小俣洋平(DL itzzオベリスクRX-7)が快走して、2本ともベストで圧勝。

ライバルの西森顕(BSレイズペトロナスCS NSX)や渡辺公(BSリキFGレイズOS・NSX)は、ペナルティに沈んでしまい、表彰台の高みを逃すことになった。
 SA4は、今年も津川信次(DL☆itzz☆URGランサー)と菱井将文(BSレイズ・クスコランサー)というベテラン同士の戦いという図式。ところが、決勝日の菱井は2本ともペナルティに沈んでしまい、第1ヒートで驚愕のタイムを残した津川が勝利した。
 4輪駆動と2輪駆動が混走するSCは、昨年のチャンピオン西原正樹(AQUA BSリコーセイGJ3)が第1ヒートで失速。

今年から復活した2013年SCチャンピオンの牧野タイソンが、第2ヒートでもベストタイムを更新して優勝。2013年以来の全日本優勝となった。
 選手権対象外のFDクラスには、9台のジムカーナD車両が参加。村上仁(DL☆LABOTEC☆YT41)が第1ヒートのタイムで優勝した。

また、4台が参戦した箱Dクラスは、AE86を駆る山梨俊二(エナペLB K-1 YSSレビン)が2本ともベストで快勝している。

 

 

気鋭の福田大輔を約コンマ1秒逆転してベテランの意地を見せたPN1斉藤邦夫。

 

 

今年こそのタイトル奪取を狙う体制で挑んだPN3西野洋平が第1ヒートで優勝。

 


サーキットを得意とするPN4野島孝宏が圧勝(右)。野島美恵とワンツーを決めた。

 

若林拳人との第1ヒートから続く僅差の争いを辛くも制したのはSA1近藤岳士。

 

SA2澤平直樹や高江淳とのコンマ差の戦いを制して、ベテラン朝山崇が優勝。

 

自己タイムをコンマ004秒アップしたSA3小俣洋平が2本ともベストで快勝した。

 

装いを新たにしたCZ4Aランサーを駆る津川信次が大会オーバーオール優勝。

 

昨年の最終戦でテスト参戦した牧野タイソンがSCに復活。見事優勝を飾った。

 

決勝コースレイアウト。サーキット走行とパイロンジムカーナを融合した設定。