その他

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
2017-12-29
「2017年JAFモータースポーツ表彰式」が東京・渋谷で開催

 11月24日(金)、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテル・ボールルームで、恒例の「JAFモータースポーツ表彰式」が開催された。これは、全国各地で開催された国内四輪モータースポーツのうち、国際格式及び全日本選手権で好成績を修めた選手に対して、シリーズ成績の認定と各種賞典の授与を行う式典として、毎年年末に開催されている。

 

ステージ中央には特大スクリーンを配して表彰対象者の映像や写真等が大写しされた。ステージ中央には特大スクリーンを配して表彰対象者の映像や写真等が大写しされた。

 

栄光のチャンピオントロフィーを始め、チームやメカニック等にも賞典が授与された。栄光のチャンピオントロフィーを始め、チームやメカニック等にも賞典が授与された。

 

 表彰対象カテゴリーは、全日本スーパーフォーミュラ選手権を始め、FIAインターナショナルシリーズ・スーパーGT、全日本フォーミュラ3選手権、全日本ラリー選手権、全日本ジムカーナ選手権、全日本ダートトライアル選手権、全日本カート選手権。

 他にも、FIA-F4のシリーズ上位選手や、FIAエレクトリック&ニューエナジー選手権の優勝者、FIAインターコンチネンタル・ドリフティング・カップの上位選手、JAFカップオールジャパンジムカーナ/ダートトライアルの各クラス優勝者も招待された。

 JAF矢代会長による主催者代表挨拶で始まった表彰式第一部では、レースアナウンサー・ピエール北川氏と竹内香苗氏が司会を務め、200名を超える表彰対象者に対する賞典の授与が行われた。また、JAFモータースポーツ名誉委員の称号が高橋国光氏に贈呈され、インディ500ウィナー・佐藤琢磨選手にはJAFモータースポーツ特別賞が贈られた。

 表彰式第二部では、スーパーGTのプロモーターであるGTアソシエイションや日本フォーミュラスリー協会による賞典の授与式が行われた。また、井原慶子氏らJAFウィメン・イン・モータースポーツのアンバサダーが登壇して、2017年の活動報告等を行った。

 一年の集大成となるJAFモータースポーツ表彰式。選手達はそれぞれが思い描く来シーズンのモータースポーツ活動への思いを新たにして、栄えある式典を後にしていた。

 

【フォトレポート】

JAFモータースポーツ名誉委員の称号が贈呈された高橋国光氏(左)と、JAFモータースポーツ特別賞を受賞した佐藤琢磨選手(中央)。JAF矢代会長がプレゼンターを務めた。JAFモータースポーツ名誉委員の称号が贈呈された高橋国光氏(左)と、JAFモータースポーツ特別賞を受賞した佐藤琢磨選手(中央)。JAF矢代会長がプレゼンターを務めた。

 

8月のFIA Electric & New Energy Championship「鈴鹿ソーラーカーレース2017」の各優勝者と10月のFIA Intercontinental Drifting Cup上位選手には写真パネルが贈られた。8月のFIA Electric & New Energy Championship「鈴鹿ソーラーカーレース2017」の各優勝者と10月のFIA Intercontinental Drifting Cup上位選手には写真パネルが贈られた。

 

JAFカップオールジャパンジムカーナ/ダートトライアルの優勝者にはJAFカップを贈呈。

JAFカップオールジャパンジムカーナ/ダートトライアルの優勝者にはJAFカップを贈呈。

 

2015年以来、全日本スーパーフォーミュラで2回めのタイトルを獲得した石浦宏明選手。

2015年以来、全日本スーパーフォーミュラで2回めのタイトルを獲得した石浦宏明選手。

 

スーパーGTのGT500クラスでは平川亮/ニック・キャシディ選手が23歳でタイトル獲得。

スーパーGTのGT500クラスでは平川亮/ニック・キャシディ選手が23歳でタイトル獲得。

 

GT300クラスではベテラン谷口信輝選手と片岡龍也選手がそれぞれ3度めの栄冠に輝いた。

GT300クラスではベテラン谷口信輝選手と片岡龍也選手がそれぞれ3度めの栄冠に輝いた。

 

全日本F3チャンピオンは、後半苦戦しながらも逃げ切って見せた、高星明誠選手が獲得。

全日本F3チャンピオンは、後半苦戦しながらも逃げ切って見せた、高星明誠選手が獲得。

 

全日本カートOK部門チャンピオンは、圧倒的な速さでシーズンを駆け抜けた佐藤蓮選手。

全日本カートOK部門チャンピオンは、圧倒的な速さでシーズンを駆け抜けた佐藤蓮選手。

 

混戦模様となった全日本カートFS-125部門は、東地域の澤龍之介選手が初タイトル獲得。

混戦模様となった全日本カートFS-125部門は、東地域の澤龍之介選手が初タイトル獲得。

 

全日本ラリーは全12部門。ベテラン北田稔選手がJN2でナビゲーター部門3度めの制覇。

全日本ラリーは全12部門。ベテラン北田稔選手がJN2でナビゲーター部門3度めの制覇。

 

8クラス1部門が成立した全日本ジムカーナ。PN3山野哲也選手は未踏の17回めの栄冠に。

8クラス1部門が成立した全日本ジムカーナ。PN3山野哲也選手は未踏の17回めの栄冠に。

 

全日本ダートラも8クラス1部門が成立。SA2王者は15回めの獲得となった北村和浩選手。

全日本ダートラも8クラス1部門が成立。SA2王者は15回めの獲得となった北村和浩選手。

 

第二部ではステージにJAFウィメン・イン・モータースポーツのアンバサ―が登壇。

井原慶子氏を始め、新メンバーの飯田裕子氏、辻田慈氏、蓬茨夕美氏から活動報告が行われた。