レース

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
2017-12-27
全日本スーパーフォーミュラ選手権合同テスト&ルーキーテストレポート

いよいよ冬本番の天候となった去る12月6日(水)~7日(木)、三重県・鈴鹿サーキットで、全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同テスト&ルーキーテストが行われた。

 

 全日本F3に参戦したアレックス・パロウがルーキーの中ではファステストをマーク。

 

今回SF14初ドライブとなったホンダの福住仁嶺。来季以降の去就が気になる存在だ。

 

両日ともドライコンディションに恵まれたこのテストには、シーズンをレギュラーで戦っているチームの19台に加えてホンダのテスト車という計20台が参加。ルーキーを複数起用したチーム、またシリーズ復帰を目指している選手を起用したチームもあり、ドライバーとしては全30名が参加し、各日ともに4時間のテストセッションが行われている。また、今回のテストには、シリーズにタイヤをワンメイク供給している横浜ゴムが、来シーズンに投入を検討している新たなソフトタイヤを用意。各号車に2セットずつ供給され、評価が行われている。

さて、このテストでは、ルーキーが多かったということもあり、特に2日目に入ると赤旗でセッションが中断されることも多かったが、レギュラードライバーを搭乗させたチームは、シーズン中に実施できなかったテストメニューを次々に実施。

一方、ルーキーや復帰組は、スーパーフォーミュラのマシンに慣熟するための走行を行った後、セットアップやニュータイヤでのアタックなども経験した。

そうしたルーキーたちの中で注目されたのは、今季ピエール・ガスリーが乗っていたチーム無限の15号車でステアリングを握った福住仁嶺やF2帰りの松下信治。また、ユーロF3で好成績をマークしているマキシミリアン・ギュンターなどにも視線が集まった。その中で、鈴鹿サーキットを知っているということもあって、初日から速さを見せたのは福住。

松下も2日目にはルーキートップタイムをマークしている。また、今季全日本F3で走っていたアレックス・パロウは、初日の午後2時間のみの走行ながら、ルーキーとしては2日間のトップとなるタイムを叩き出し、存在感を見せている。

一方、レギュラー陣では、関口雄飛が、非公式ながら鈴鹿のコースレコードをマークして、初日のトップ。これまで“鈴鹿が苦手だった”というイメージを払拭して見せた。

一方、2日目は中嶋一貴がトップタイム。コンディションの違いもあり、初日の関口のタイムにはわずかに及ばなかったが、両日ともに好調ぶりを見せており、手応えのある結果で1年を締めくくった。