レーシングカート

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
2017-10-06
全日本カート最高峰を制した注目の選手をご紹介!

 モータースポーツシーズンも秋を迎え、各カテゴリーともチャンピオン争いが佳境に入った。そんな中、最終戦を待たずに早くも全日本のタイトルを決めちゃった若者がいる。全日本カート最高峰参戦1年めでチャンピオンを獲ったその天才カーターって、一体どんな選手なんだ!?。

 

 

 国内カートレースの最高峰、全日本カート選手権OK部門。その2017シリーズで、ひとりのルーキーが旋風を巻き起こしている。東京都出身の16歳、佐藤蓮だ。

 全日本カート選手権はその名の通り、日本一のカートドライバーを決めるシリーズ戦で、3つの選手権から成る日本カート選手権の最上位に位置するもの。全日本の下には地方カート選手権(FS-125部門/FP-3部門)とジュニアカート選手権(FP-Jr部門/FP-Jrカデット部門)がある。

 全日本カート選手権にはOK部門とFS-125部門があり、初級編に当たるFS-125部門はシャシー以外ワンメイク。それに対して、OK部門はほぼ全てのマテリアルのメーカーを自由に選べ、タイヤの開発競争やエンジンのチューニング競争がシビアに繰り広げられている。OK部門は、いわば“カートのスーパーGT”ともいえるレースなのだ。

 佐藤は2012年のFP-Jrカデット部門で参戦初年度にしてチャンピオンを獲得すると、2013年にはFP-Jr部門を、2014年には地方FS-125部門を、2016年には全日本FS-125部門を制し、若きタイトルハンターとして大きな注目を浴びながらOK部門にステップアップしてきた。

 そして、その活躍は期待に違わぬ……いや、期待をはるかに上回るものだった。OK部門デビューのSUGO大会で第1戦/第2戦を連勝すると、ここから快進撃を開始。5つの勝利を重ねて迎えた9月24日・もてぎ大会の第8戦で、予選ヒートを2位でゴールした時点で、次の決勝とシリーズ最後の鈴鹿大会(第9戦/第10戦)を待たずして、数字の上でチャンピオン獲得を決定してしまったのだ。

 

 

 第8戦を終えて、佐藤の勝利数は6。無念の車検失格となった第6戦を含めれば、その決勝1位ゴール率は実に87.5%に及ぶ。例年、実力伯仲の戦いが繰り広げられている最高峰部門において、ひとりのドライバーがこれほど勝利を独占するのも、シリーズ最後の大会の前にチャンピオン争いが決するのも、異例のことだ。そんな佐藤を、第8戦の優勝争いに僅差で敗れ2位となったベテランドライバーは「規格外の人間」と評して讃えた。

 速さ、強さ、インテリジェンス、そして勝利への情熱。あらゆる要素を兼ね備えた走りで他を圧倒してきた佐藤は、すでにフォーミュラのレーシングスクールで4輪デビューへの道を歩み始めている。今季ラストの鈴鹿大会で、そして2018年のフォーミュラレースで、佐藤の活躍から目が離せそうにない。 

 そのキレキレの走りをナマで観戦したい人はぜひ、10月29日、最終戦が行われる鈴鹿サーキット国際南コースへ駆けつけよう!