ラリー

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
2017-09-22
ガウラブ・ギル組のファビアR5がラリー北海道2連勝!

 FIAアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)第5戦「Rally Hokkaido」が9月15~17日、北海道十勝地区を拠点として行われ、ガウラブ・ギル/ステファン・プレボ組のシュコダ・ファビアR5が2年連続の総合優勝を飾った。また同時開催の全日本ラリー選手権第7戦では新井敏弘/田中直哉組が今季2勝めを飾った。

シュコダ・ファビアR5を駆るG.ジル/S.タルボ組がラリー北海道を2連勝。

シュコダ・ファビアR5を駆るG.ギル/S.プレボ組がラリー北海道を2連勝。

 

 今年のRally Hokkaidoは、日本初登場のニューマシンが注目を集める一戦となった。まずスウェーデンのファクトリーが製作した三菱ミラージュR5仕様が大挙、3台もエントリー。FIAのホモロゲーションを受けていないため、APRC独自の規定に基づいたAP4車両という扱いになるが、このラリーで過去、衝撃的な速さを見せたヤリ・ケトマーがその中の1台をドライブするとあって、そのポテンシャルが大きな注目を集めた。また日本が誇る名門ファクトリー、キャロッセが前戦から投入したファビアR5も日本初お目見えとなった。駆るのはAPRCの経験も豊富な炭山裕矢だ。

 ラリーは15日金曜こそ雨がパラついたが、本格的な戦いが始まった16日のレグ1は晴天が保たれた。しかしステージには前日の雨が、特に陽の届かない森林の中を縫うような場所では残り、攻略を難しいものにした。それが影響したか、土曜午前のステージでケトマーや、今年のWRC2で若手注目株として頭角を現したノルウェーのオーレ・ヴェイビー(シュコダ・ファビアR5)といった優勝候補が次々と脱落。翌17日のレグ2では、それまで2位につけていた炭山のファビアR5もマシントラブルでリタイヤとなった。

 インドを拠点とするチームMRFのエースドライバーであるギルは2番手のロバート・ブロムバーグ組のミラージュに10分以上もの大差をつけて快勝。全日本ラリーで経験を積んだ今井聡(スバル・インプレッサWRX STI)が日本人最上位となる総合3位に入賞した。

 

全日本ラリーJN6では新井敏弘/田中直哉組が圧倒的な差を付けて優勝。全日本ラリーJN6では新井敏弘/田中直哉組が圧倒的な差を付けて優勝。

荒れたラリーを制した天野智之/井上裕紀子組が全日本JN3タイトルを確定。荒れたラリーを制した天野智之/井上裕紀子組が全日本JN3タイトルを確定。

 

 シリーズ中、最も長丁場のハードな一戦となった全日本ラリー選手権も、16日のレグ1序盤で三菱の雄、奴田原文雄がリタイヤ、前戦ラリー洞爺からのグラベル2連勝を狙った鎌田卓麻もSS3クンネイワでパンクから大きくタイムロスと、こちらも波乱の展開となった。

 レグ1の勝負所となったロングステージ、クンネイワでライバルを圧するタイムを叩き出した新井は、2番手の勝田範彦に1分以上の大差で折り返すと、レグ2もペースを緩めず、この日もDAYベストタイムをマークして完全優勝。ラリー開始早々にコースアウトで戦線を離脱した前戦洞爺のリベンジを果たした。

 

全日本ラリーの優勝クルーは以下の通り。

JN6クラス 新井敏弘/田中直哉 富士スバルアライモータースポーツWRX

JN5クラス 小濱勇希/馬場雄一 KYB DUNLOP DS3R3 MAX

JN4クラス 山本悠太/藤田めぐみ Sammy☆K-one☆ルブロスYH86

JN3クラス 天野智之/井上裕紀子 豊田自動織機・DL・ヴィッツRS

JN2クラス 石田雅之/遠山裕美子 TRDプロクル86

JN1クラス 須藤浩志/新井正和 スマッシュBRIGダイニチYHスイフト