ジムカーナ

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
2017-09-13
全日本ジムカーナ恋の浦でPN3ユウがタイトル確定!【全日本ジムカーナ選手権第7戦恋の浦レポート】

 全日本ジムカーナ選手権は福岡県のスピードパーク恋の浦で第7戦が開催され、PN3クラスのユウがタイトルを決めたが、残り5クラスは最終戦勝負となった。

 

PN3クラスのユウが駆る86。今シーズン5勝めを挙げて初タイトルを確定。

PN3クラスのユウが駆る86。今シーズン5勝めを挙げて初タイトルを確定。

 

 晴天に恵まれた第7戦の舞台・スピードパーク恋の浦は、玄界灘を一望できる風光明媚な立地が自慢の九州スピード競技界の新名所だ。ジムカーナコースは高い縁石を持つミニサーキット区間と広場を使ったパイロン区間の2面構成となっており、決勝は傾斜のある路面や上昇する路面温度にどう対応するのかで勝負が分かれた。

 PN3クラスでは、第6戦タマダまでに4勝を挙げてポイントリーダーに立っている若手期待のユウ(BSエボitzz NTL 86)と、シリーズ2位の西野洋平(BSALEXC栃木DP那須86)、2016年チャンピオン川北忠(オートバックス DL BRZ)、ロードスターRFに乗り換えて調子を上げる大ベテランの天満清(ADVANクスコ ロードスター)ら4人によるタイトル争いが激化した。

 第1ヒートではユウがペナルティで下位に沈み、西野が暫定トップに立ったが、第2ヒートでは路面温度の上昇により自己タイムの更新が難しい状況ながら、ユウがベストタイムを更新。西野はペナルティにより自己タイムを更新できず、ユウが優勝。この結果、ユウが通算5勝目を挙げ、自身初の全日本タイトルを確定させた。

 PN1クラスは、タイトル獲得に王手をかけているポイントリーダー斉藤邦夫(ADVAN052ロードスター)の勝利に注目が集まったが、第1ヒートで失速して2番手に留まってしまう。代わって暫定トップに立った福田大輔(DLレイズT2Wmロードスター)が第1ヒートのタイムで逃げ切って今季2勝目を獲得。タイトル争いを最終戦鈴鹿南に持ち越した。

 

サーキット区間を得意とする志村雅紀シビックが土壇場で強さを見せて優勝。サーキット区間を得意とする志村雅紀シビックが土壇場で強さを見せて優勝。

 

 SA1クラスもタイトル争いは混戦模様。勢いに乗るポイントリーダーの若林拳人が欠場したことから、その隙を突いたシリーズ2位のベテラン志村雅紀(YHレイルWmDシビックKYB)が第1ヒートから快走。第2ヒートはペナルティに沈んでしまったが、第1ヒートのタイムで逃げ切り、今季2勝目を挙げてポイントリーダーに返り咲いた。

 SA2クラスは、気鋭の澤平直樹(YHボレロRACインテグラ)が、2016年チャンピオン朝山崇(DL◆BPF◆RSKインテグラ)と高江淳(DLオイチェΩBPFインテグラ)らベテラン2名を従えてポイントリーダーに立っている。第1ヒートでは朝山が澤平を約コンマ2秒引き離して暫定トップタイムをマーク。第2ヒートは共にタイムダウンに終わったため、第1ヒートのタイムで朝山が今季3勝目を獲得した。この結果、最終戦鈴鹿南では澤平VS朝山によるチャンピオン獲得をかけた直接対決が展開されることになった。

 SA3クラスでは、2016年チャンピオン小俣洋平(DLitzzRX7クニトモ)が連勝で首位に立っており、西森顕(BSレイズペトロナスCSNSX)と渡辺公による3つ巴のタイトル争いとなっていた。しかし、渡辺が今大会を欠場したことから、タイトル争いは小俣と西森に絞られ、第1ヒートでは2人の走りに注目が集まった。ところが、それぞれミスコースとパイロンペナルティで下位に沈んでしまう大波乱。仕切り直しの第2ヒートでは、ベストタイムをマークした小俣が逆転優勝。西森は脱輪ペナルティを喫して最下位となってしまった。この結果、SA3クラスのタイトル争いも最終戦鈴鹿南に持ち越しとなった。

 

今大会オーバーオールタイムを計測して優勝を決めたSA4クラス津川信次。今大会オーバーオールタイムを計測して優勝を決めたSA4クラス津川信次。

 

 すでにタイトルを決めているPN2クラスは、山野哲也(EXEDY 05D 124)が2ヒートともベストタイムで完全勝利。今季6勝目を挙げ、有効6戦全勝となった。

 茅野成樹(エアフォルクダンロップランサー)がタイトルを確定させているPN4クラスは、第1ヒートでブッちぎりの暫定ベストタイムを残した野島孝宏(DLレイズWMLubランサー)が、第2ヒートではミスコースを喫しながらも逃げ切って2連勝を挙げた。

 SCクラスは第7戦タマダで西原正樹(RIKOSEIダムドBSWRX)がタイトルを確定させているが、今大会でも第1ヒートから好タイムをマーク。第2ヒートでは北海道の田辺剛(DLSP山田TRS戸田ランサー)が約コンマ2秒差までに迫ったが、西原が第1ヒートのタイムで逃げ切って今季6勝目。有効6戦を全勝する強さを見せ付けた。