レース

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
2017-09-08
2018年、国内で24時間耐久レースが復活

 91日、富士スピードウェイは、2018年のスーパー耐久シリーズ(S)富士大会を、24時間耐久レースとする計画を発表した。大会名は「富士SUPER TEC 24時間レース」で、6月上旬での開催を目標に調整を進めているという。

 (c)スーパー耐久機構

 

 国内の24時間耐久レースは、19674月と翌683月に富士スピードウェイの当時のフルコース(6km)で開催され、また十勝スピードウェイでS耐の一戦として1994年から2008年まで、毎年78月に開催されてきた。今回の24時間レースが実現すれば、国内しかもS耐では10年ぶり、富士では50年ぶりの開催となる。

 富士スピードウェイは、かねてより「耐久の富士」として耐久レースに力を入れており、9月のS10時間レースはもちろん、世界耐久選手権(WEC)6時間レース、SUPER GT500km(20188月の大会は800kmレースとして開催予定)、さらにVitz & 86/BRZ Dream Cup(6時間)といった耐久レースを開催してきた。

今回の24時間レース開催は、「耐久の富士」を象徴するレースとして、また「世界に発信できる日本の耐久レース」として、今後、地元の小山町、御殿場市、裾野市と調整を行いながら準備を進める。また日程や参加車両規定に関しての発表は、JAF、スーパー耐久機構(SRO)などと協議して決定次第行う予定。

 STO桑山晴美事務局長は「念願だった24時間レースの開催に向けて、富士スピードウェイが準備を進めていただくことになり、大変うれしく思っています。実現のためにSTOとしても全面的に協力し、正式発表を心待ちにしています」とコメントしている。