ダートトライアル

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
2017-09-07
全日本ダートラ、ラス前の一戦は5クラスでチャンプ確定!【全日本ダートトライアル選手権第7戦今庄 レポート】

全日本ダートトライアル選手権は福井県オートパーク今庄でラス前の一戦となる第7戦が行われ、各クラスでチャンピオンを賭けたバトルが白熱した。

 

逆転で今季3勝めを飾ったSA2クラス、北村和浩ランサー。

逆転で今季3勝めを飾ったSA2クラス、北村和浩ランサー。

 

N2クラスはヒート1から他を圧する速さを見せた黒木陽介ランサーが優勝。

N2クラスはヒート1から他を圧する速さを見せた黒木陽介ランサーが優勝。

 

PN1クラスを制した北海道の宝田ケンシローは2年連続の全日本チャンピオンを確定。

 PN1クラスを制した北海道の宝田ケンシローは2年連続の全日本チャンピオンを確定。

 

 週末の今庄は両日とも快晴に恵まれた。広大なフラットダートの上に置かれた大小の島の間を駆け抜ける今庄は、全日本でも屈指のテクニカルコースのひとつ。ほとんどのコーナーは先が見えないブラインドコーナーであるため、コーナーの先を読んだライン取りも重要だ。

 参加23台と今回最大の激戦区となったSA2クラスは、ヒート2に入ると路面変化の影響か、各車タイムダウン傾向となり、ヒート1トップタイムを叩き出した関東の川村永二(SPMDL・堀部SPランサー)が逃げ切るかと思われたが、シードゼッケンの鎌田卓麻(itzzオクヤマDL栗原WRX)が0.015秒上回ってトップに立つ。しかし続く最終走者の北村和浩(MJトレーディングDLランサー)がさらに0.4秒、鎌田を上回って逆転優勝。シーズン3勝めをあげ、シリーズトップを守った。

 一方、参加20台とこちらも多くのエントリーを集めたN2クラスは、ただ一人、131秒台に乗せるぶっちぎりのタイムを叩き出した黒木陽介(MJTガルフDLランサー)が、ヒート1のタイムで逃げ切り、ポイントリーダーの北條倫史(DLitzzNUTECランサー)に並ぶ今季3勝めをゲット。この結果、いずれも2リッター4WDターボがしのぎを削るSA2とこのN22クラスが最終戦広島にタイトル争いが持ち越されることになった。

 このほかのクラスでは今回優勝を飾ったPN1クラス宝田ケンシロー(YHKYBabオクヤマスイフト)、PN2川島秀樹(DLオクヤマモンスターヴィッッツ)がともにチャンピオンを確定。すでに細木智矢(DLitzzSPMインテグラ)がタイトル確定済みのN1クラスは地元北陸の森大士(DL和合ニューテックインテグラ)が全日本初優勝を飾った。

 またSA1クラスでは青森のシビックスペシャリストの工藤清美(工藤ホンダDLワコーズシビック)が、アバルト500を駆った中島孝恭(テインYHルブロスB500)を僅差で抑えて今季4勝めを飾ってタイトルを確定。SC1クラスではヒート1のドライブシャフト破損でのリタイヤから起死回生の走りで逆転優勝を果たした山崎迅人(YHゲンシンMAXミラージュ)が初の全日本タイトルを確定させた。

 SC2クラスはラリーストでもある田口勝彦(HKSYH・テインランサー)が今季2勝めをマークしたが、4位に入った広島の梶岡悟(DLレイズ・ings・ランサー)が王座返り咲きを果たしている。大会のトリを務めるDクラスは、群馬の亀田幸弘(YH栗原オート企画インプレッサ)が、前戦でチャンピオン確定の谷田川敏幸(ADVANトラストクスコWRX)を抑え、初の全日本優勝を獲得した。