レース

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
2017-09-01
“最後の鈴鹿1000km”、SUPER GT第6戦はEPSON NSXが10年ぶりの優勝を飾る

 8月26~27日、鈴鹿サーキット(三重県)においてSUPER GT第6戦がシリーズ最長の1000kmレースとして開催され、GT500クラスでは#64「Epson Modulo NSX-GT」(ベルトラン・バゲット/松浦孝亮)がチームとして10年ぶりの優勝を果たし、NSXが前戦富士に続いて連勝を決めた。またGT300クラスでは#65「LEON CVSTOS AMG」(黒澤治樹/蒲生尚弥)が、終盤に逆転して今季初優勝を飾った。

 

GT500クラス優勝を果たした#64「Epson Modulo NSX-GT」

 GT500クラス優勝を果たした#64「Epson Modulo NSX-GT」

 

GT300クラス優勝を果たした#65「LEON CVSTOS AMG」

GT300クラス優勝を果たした#65「LEON CVSTOS AMG」

 

 

 真夏の4輪耐久レースとして半世紀以上にわたり親しまれてきた「鈴鹿1000km」は、来年に衣替えをしてFIA-GT3車両を中心とした10時間レースとなる。SUPER GTのシリーズ戦も5月に300kmレースとして開催されることになったため、伝統の1000kmレースは今年が最後の開催となった。ジェンソン・バトンや小林可夢偉といった元F1ドライバーがスポット参戦することもあり、決勝日には4万5,000人ものファンが鈴鹿に詰めかけた。

 0時38分にスタートした決勝レースは、13周目にトップを奪った#17「KEIHIN NSX-GT」(塚越広大/小暮卓史)が後続を引き離して独走となるが、43周目にアクシデントが発生してセーフティカー(SC)が導入され、マージンはゼロとなる。レース再開後も#17 NSXがレースを支配したが、中盤の95周目にまたもやアクシデントがあり、2度目のSC導入でリードは再び消える不運。レースは2/3を消化した123周目に、安定した走りで周回していた#64 NSXがトップに立ち、これに#17 NSXが続く形となったが、147周目のスプーンカーブで突然#17 NSXの左リヤタイヤがバーストして無念のリタイアとなった。

 12位スタートから2位と驚異の追い上げを見せたのが、82kgものハンディウェイトを搭載する #23「MOTUL AUTECH GT-R」(松田次生/ロニー・クインタレッリ)。中盤のピットアウト時にファストレーン優先権違反のために、ドライブスルーペナルティを受け、同一周回の最後尾である12位まで順位を落としていたが、終盤には再び2位へ順位を上げてゴールした。また#100「RAYBRIG NSX-GT」(山本尚貴/伊沢拓也)も追い上げを見せて3位の#1「DENSO KOBELCO SARD LC500」(ヘイキ・コバライネン/平手晃平)と激しいブレーキング競争を展開してスタンドを沸かせ3位を奪った。レースは薄暗くなった6時28分にチェッカー。#64 NSXが今季初優勝を果たし、2位の#23 GT-R、がポイントリーダーに立つことになった。

 GT300クラスは序盤にJAFマザーシャシー勢がトップ3を占める走りを展開したが、終盤にトップを奪った#65メルセデスSLSが今季初優勝。2?3位に#88「マネパ ランボルギーニ GT3」(織戸学/平峰一貴/山西康司)、#87「ショップチャンネル ランボルギーニ GT3」(細川慎弥/佐藤公哉/元嶋佑弥)と2台のウラカンがゴールした。