ラリー入門講座

Bライセンスさえあれば競技会に出場できる。

ラリー競技は国内Bライセンスを所持していれば誰でも参加することができます。ただしイベントによっては運転免許取得後の経過年数を参加資格に加えるところもあります。

例えば全日本選手権や地方選手権の場合はJAFが発給する国内Bライセンスを持ち、参加申込み締切り日までに運転免許取得後1年以上経過していることが条件となります。

これはラリー競技が公道使用を前提としてあるため、ある程度熟練したドライバーに競技に参加してもらうという基本理念にもとづいているものです。

まずラリーという競技の仕組みに慣れよう!

なお国内のラリー競技の中にはJAFの公認の「クローズドラリー」もあります。これは主催クラブのクラブ員を対象としたラリーですが、この場合はライセンスを取得する必要はありません。

ラリー競技に一度出てみたいという人はまずクローズドラリーや初級者を対象としたラリーに参加することをおすすめします。また最初はナビゲーターとして参加してラリーの概要を掴んでからドライバーとしてラリーに出るという方法もあります。

いずれにしてもラリーの場合も、他のモータースポーツイベントと同様、初級者イベントから始めて、徐々に実績を積みながら参加するイベントのレベルを上げていくという方法がベストです。最初からSSのある中級者向けのイベントに参加することも可能ですが、自分のレベルに合った、堅実なステップアップを心掛けましょう。