レース入門講座

レースに出るにはAライセンスが必要!

国内のレース競技に参加するためには国内Aライセンスが必要です。国内Aライセンスは、国内Bライセンスを取得した後に競技会出場やサーキット走行等の条件を充たし、Aライセンス講習会に合格すれば取得することができます。レース競技では競技会のレベルに対応して、それ以上のライセンス(国際C、国際B)を求められるものもあります。まずは初心者を対象とした競技会に出場することになりますが、その前に、いわゆる“ハコ”(量産車を改造したレース車両)から始めるか、それともフォーミュラから始めるかという選択があります。

“ハコ”、フォーミュラともに入門カテゴリーがまずオススメ

 “ハコ”のレースから始めたいという人には、俗に言うナンバー付車両によるレースあるいは改造範囲がごくわずかに限られているN1規定の車両によるレースをおすすめします。ナンバーの付いた車両で行われるレースは、主にワンメイクレース(ひとつの車種だけで競われるレース)が盛んに行なわれています。ヴィッツ、86・BRZ、N-ONEなどによるレースがその代表で、改造範囲をごくわずかにすることによって、入門用、ホビーとして最適です。

一方、フォーミュラはスーパーFJがビギナー向けのレースと言えます。比較的、安価にできるフォーミュラカーレースとして、各地のサーキットでシリーズ戦が開催されています。

本格的にレースを始める前に、まずサーキットを走行してみるのも有効な方法です。各サーキットや、JAF公認クラブ等により、全国各地でサーキット走行会が開催されています。走行会の情報はモータースポーツ専門誌に掲載されていますので、そちらを参照しましょう。サーキットでハイスピードドライビングを体験すれば、スピードのスリルはもちろん、翻って一般公道における安全運転の必要性など、きっと“何か”を感じるはずです。