モータースポーツを始めよう

自分に合ったモータースポーツ競技を選択しましょう !

あなたも、モータースポーツを始めてみませんか?
現在、国内ではさまざまな種類のモータースポーツが、多くの人々に楽しまれています。日本国内において、JAF公認で行われているモータースポーツの種類と内容はおよそ次のようなものです。

RACEレース

モータースポーツと言えば、すぐにレースのことを思い浮かべる人は多いでしょう。サーキットという決められたコースの中でライバル達のクルマと競争するのがレースです。各地のサーキットでは入門者用のレースも開催されています。

レースについて

RALLYラリー

公道を走る競技がラリーですが、もちろん公道上で抜きつ抜かれつのバトルをするのではありません。ラリーは、区間ごとに決められた指示速度(もちろん制限速度内)をいかに正確に守って走行できるかで勝敗を決める競技です。上級者向けのラリーでは、特定の場所を占有して、タイムトライアル(決められたコースをいかに速く走るか)行うケースもあります。

ラリーについて

SPEED EVENTスピード行事

舗装された広場や駐車場(ジムカーナ)、及び非舗装路面(ダートトライアル)などにパイロンなどで作られた規定のコースを走り、そのタイムを競う競技です。専用コースもたくさんあります。サーキットトライアルは、順番にコースインしてサーキット(舗装路)を数周して、各自のベストタイムで順位を競う競技です。

ジムカーナ・サーキットトライアルについて

ダートトライアルについて

RACING KARTレーシングカート

右足でアクセルを左足でブレーキを踏む、F1を小さくしたようなタイヤが剥き出しのマシンでレースを行う競技です。遊園地にあるゴーカートを本格的にしたものと考えればよいでしょう。

レーシングカートについて

以上の4種類が国内で行われている代表的なモータースポーツですが、そのほかにも以下のような競技があります。

ヒルクライム
カーブや急勾配などを含むコースで最短時間を競う一種のスピード行事です。
ドラッグレース
平坦な直線の4分の1マイル、約400mを車両2台が同時にスタートしてその所要時間を競う一種のレースです。
記録挑戦
所定の距離に対する時間、時間に対する距離から速度を算出し、既存の記録に挑戦する競技です。

ライセンスは参加する競技によって種類が違います

国内のJAF公認の競技会に出るためにはライセンスが必要になります。国内のモータースポーツに必要なライセンスは次の通りです。下記のライセンスは通常JAF認定の講習会を受講して合格すれば、あとはJAFの窓口で申請することにより発給されます。

国内Bライセンス
JAF国内競技(国内、準国内、地方)のうちレースを除くもの(ラリーおよびスピード行事など)で運転者となる資格があります。
国内Aライセンス
JAF公認の国内競技の全てに運転者となる資格があります。
国内競技参加者ライセンス
JAF公認の国内競技のすべてに参加者となる資格があります。
公認審判員ライセンス
国内競技規則に則って開催される競技の公正を期すために、競技を監督し、執行する者に対して発給される許可証です。

JAF登録クラブに入って仲間と一緒に楽しみませんか?

ところで、モータースポーツはもちろん一人でやることも可能ですが、多くの参加者はJAFの登録クラブに所属して仲間とともにモータースポーツを楽しんでいます。そしてこれらのクラブが国内のモータースポーツ活動では中心的な役割を担っています。なぜならクラブは1つの集合体として競技会を組織・運営することが認められているからです。それらクラブの活動が発展してASN、すなわちJAFを構成しているのです。

審判員もモータースポーツを支える主役の一人です

またモータースポーツが規則に基づいて公平かつ安全に行われるためには、参加者や運転者のみに規則を守らせるばかりでなく、それを公平かつ安全に執行していくための審判員が必要です。このため各ASNではその規則に精通し、経験を有する人に申請に基づき審判員の資格を与えています。審判員は計時、技術、コースに大別され、さらに車輌検査、補給監視、ハンディキャップ、信号、決勝審判、走路審判、スターターなどの各委員に役務に応じて細分化されています。それぞれ所属ASNから公認審判員として認められています。各委員のおおよその役務は次の通りです。技術委員は、国内競技規則や大会特別規則書の規定に合致した競技車かどうか、また安全面で支障がないかを検査します。コース委員は、コース上での競技を安全かつ円滑に進行させるため事故や違反などを監視したり、競技者に対して信号旗を使って指示を出したりします。計時委員は競技の開始、計時、順位の決定などを行います。補給監察員は、競技進行中の競技車の燃料補給についての監察業務を行います。このように公認審判員(通称:オフィシャル)は競技の進行になくてはならない役割を果たしているのです。