国際ソーラーカーライセンス

取得条件

(1)国際ソーラーカーライセンス講習会を受講し、合格することが必要です。
講習会の受講資格は、16才以上であること。自動車運転免許証はなくてもOK。また、18才以上の方はJAF個人会員であること。

(2)国内Aライセンスを既に所持している方については、申請書の提出と申請料で取得できます。

ソーラーカーライセンス講習会を受講する

(1)毎年「ソーラーカーレース鈴鹿」の参加希望者を対象とした講習会が東京、大阪および鈴鹿サーキット現地にて開催されています。日程や会場は大会HP等で告知されます。

(2) 講習会のカリキュラムは、国内競技規則や国内競技車両規則などの諸規則の説明、モータースポーツを始めるにあたっての心構えなど、ここまではBライセンス講習会の内容と基本的に同じですが、国際スポーツ法典付則H項(旗信号などの規則)やマナーについての講義が重点的に行なわれ、筆記試験(規則書参照OK)も実施されます。

ライセンス交付申請手続き

以下の書類や申請料を用意して、講習会受講後30日以内にJAF地方本部・支部の窓口に持参します。

(1) 必要事項をもれなく記入したJAF所定の「競技運転者許可証・公認審判員許可証交付申請書(講習会受講証明のスタンプが押されていること)」1枚

(2) 縦4cm×横3cmの大きさの顔写真(無帽、無背景のもの)1枚を申請書の所定の位置にはる。

(3) JAF会員証(当該年度末まで有効であること)※18才未満の方は不要です。

(4) 許可証料 10,400円(税込)

(5) 18才以上の方でJAFの会員でない人(すでにライセンスを所持している方で18才に達した方も同様です)は、入会金、および年会費が別途必要となります。

(6) なお、「ソーラーカーレース鈴鹿」は国際競技であるため、ライセンスの他に「メディカルフォーム」の所持が義務付けられています。したがって、これに参加出場する方は、「メディカルフォーム(国際身体検査証)」の発給手続きを合わせて行なってしまうことをおすすめします。

主催者によってはJAFへのライセンス交付申請手続きを代行してくれるところもありますので、事前に主催者に確認してみましょう。