ライセンスの種類とその概要

JAFが発給しているさまざまな「モータースポーツライセンス」についてこれからご説明しましょう。

ライセンスはまず、「4輪自動車競技」用のライセンスと、「カート競技」用のライセンスとに大別されます。

次にこれらのライセンスをそれぞれ「参加者(エントラント)ライセンス」、「運転者(ドライバー)ライセンス」、および「審判員(オフィシャル)ライセンス」というように、競技会への関わり方によって、3つに区分しています。

これらのライセンスを分かりやすく図にしてみると以下のようになります。

なお、詳しくは、4輪ライセンスについては、「JAFスポーツ資格登録規定、および国際モータースポーツ競技規則付則L項」(いずれもJAFモータースポーツイヤーブックに掲載)、カートライセンスについては「カートライセンス発給規則」(カート規則集に掲載)をご参照ください。

四輪自動車競技用ライセンス
競技参加者(エントラント)
チーム監督になるのに必要なライセンス。
スーパーライセンス
F1世界選手権に出るための特別なライセンス。
国際Aライセンス
スーパーライセンスを取得するために必要なライセンス。
国際Bライセンス
WEC、WTCCやスーパーフォーミュラ、スーパーGTなどに出るために最低必要なライセンス。
国際Cライセンス
上記以外の国際格式のレースに出るためのライセンス
国際Rライセンス
WRCやAPRC、ダカールラリーなど、国際ラリーに出るためのライセンス
国際ドラッグライセンス
国際のドラッグレースに出るためのライセンス。
国際ソーラーカーライセンス
ソーラーカーレース鈴鹿などに出るためのライセンス。
国内Aライセンス
レースに出るために必要なライセンス。
国内Bライセンス
ラリーやジムカーナ、ダートトライアル、サーキットトライアル等に出場可能なライセンス。
公認審判員(オフィシャル)
下記の3種類の役務に携わるために必要なライセンス。
 ①コース
  競技が円滑に行われるよう、コースを監視する役務
 ②計時
  競技のタイムを記録し、競技結果表を作成する役務
 ③技術
  競技車両の検査などを行う役務
四輪自動車競技用ライセンス
エントラント
チーム監督になるために必要なライセンス。
国際Aライセンス
カートの最高峰ライセンス。CIK-FIA選手権にはこれが必要です。
国際Bライセンス
カートの国際格式レースに出るために必要なライセンス。
国際Cセニアライセンス
世界に進出するための第一歩です。
国際Cリストリクティッド
セニアカテゴリーの国際レースに出られます。ギアボックス無カテゴリーに限られます。
国際Cジュニア
ジュニアの国際レースに出られます。
国内A
国内競技のほとんどに参加可能なライセンス。<15歳~>
ジュニアA
12歳から14歳まで取れるライセンス。ステップアップの第一歩。
国内B
15歳から取れるライセンス。
ジュニアB
小学生から取れるライセンス<10歳~14歳>
公認審判員(オフィシャル)
下記の3種類の役務に携わるために必要なライセンス。
 ①コース
  競技が円滑に行われるよう、コースを監視する役務
 ②計時
  競技のタイムを記録し、競技結果表を作成する役務
 ③技術
  競技車両の検査などを行う役務