岡山国際サーキット

かつてTIサーキット英田として数々の名勝負の舞台となったこのコースは、2005年より、「岡山国際サーキット」として毎年多くの競技会が開催されています。
このサーキットでは、過去にF1も開催され、1995年開催時にはミハエル・シューマッハのシリーズチャンピオンが確定しています。また、2008年からは世界ツーリングカー選手権が開催されました。タイトコーナーが連続するコースで、F1ドライバー達は壁のないモナコに似た“ミッキー・マウスサーキット”と形容していました。近年はサーキットコースの一部を利用して全日本ジムカーナ選手権も開催されました。

公認 FIA国際公認
全長距離 フルコース 3,703m 右回り
幅員 12~15m
ピット 54個(4.7×10.0m)
観客席 グランドスタンドシート席 20,000席
所在地 〒701-2612
岡山県美作市滝宮1210
TEL:0868-74-3311(代表)
URL http://www.okayama-international-circuit.jp/

観戦ポイント・ガイド

第2コーナーとなる80Rの通称ウィリアムズ・コーナーは高速の左コーナーで、ライン取りが難しくマシンの挙動が乱れる場所。ミスするとスピンからクラッシュする可能性も高く、スリリングな場所です。
ヘアピンコーナー手前のバックストレートはこのコースで最も長いストレート部分で、そこからのブレーキング競争も見ものです。ダブルへアピンなどもあり、とにかく忙しいコースです。
最終コーナー立ち上がり付近にある宿泊施設はコテージ風となっているほか、津山、湯郷温泉等から比較的近く、宿泊施設にも困りません。パドックにはレストランが完備されていますが、ビッグレース開催時には、お弁当を用意して観戦した方がベターです。

サーキットへのアクセス

地図
クルマの場合
中国自動車道、美作ICで下車。国道374号を行き、福本交差点を左折。この辺りからサーキットの看板があるので問題なくサーキットへ到着できます。岡山市内駅からは、国道130号を国立岡山病院方面へ向かい、岡山病院の交差点を左折し、県道27号に入ります。沢原の交差点を右折。次の十字路を左折すると、国道374号に出ます。国道374号を南下し、立体交差が出たら、そこを下車し、左折します。後は和気ICからのルートと同じルートとなります。山陽自動車道・和気ICで下車。国道374号を北上し、和気駅を過ぎたら、左折。県道46号に入り、4kmほどいくと三叉路に分かれるので県道96号方面へ右折。吉永駅手前のT字路を左折し、八塔寺川ダム、火打坂トンネルを経由し、都留岐を左折です。
鉄道の場合
JR山陽本線で吉永駅が最も近い駅となりますが、そこからはバスもないため、タクシーとなります。