オートポリス

九州唯一のレーシング・コースで、オープン当時はF3000やFIAスポーツカー世界選手権などが開催されていました。現在はスーパーフォーミュラやF3の全日本選手権、SuperGTシリーズなどが開催されており、サーキット及び設備の内容は世界に誇れるもので、九州のモータースポーツの発展を担っています。

公認 FIA国際公認
全長距離 4,674.003m 右回り
幅員 12~15m、セフティゾーン5m~90m
ピット数 46個(5×10m)
観客席 メインスタンド 10,098席
ファイナルスタンド 20,857席
自由席 約100,000席
所在地 〒877-0312
大分県日田市上津江町1112-8
TEL:0973-55-1111(代表)
URL http://www.autopolis.jp/

観戦ポイント・ガイド

雄大な九州阿蘇の外輪山に位置するスケールの大きいコースです。
最終コーナー脇のファイナルスタンドはスタジアムタイプとなっており、メインスタンドとともにコースをほぼ全域にわたって観ることができます。
902mのメインストレートから40Rの第1コーナー、100R、250R、30Rなどバラエティに富んだコースレイアウトを持っています。アップダウンも激しく、テクニカルなコースと言えましょう。ピット、パドックビルをはじめとする施設は十分な規模・内容を誇っています。

サーキットへのアクセス

地図
クルマの場合
オートポリスへのアクセスは、事実上、クルマのみに限られます。サーキットへの道すがらは雄大な阿蘇の自然が広がる風景が続くので、観光気分を満喫しましょう。アクセスは、まず福岡市内方面からは九州自動車道経由(菊水ICで下車、約140分)と、大分自動車道を経由(日田IC下車、約160分)の2通りの方法がありますが、近郊では2016年に発生した地震による交通規制があるので、ホームページなどで最新情報を確認しましょう。